特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

体と荷物をまとめてカバーできる折りたたみ傘【今日のライフハックツール】

体と荷物をまとめてカバーできる折りたたみ傘【今日のライフハックツール】

持ち運びに便利な折りたたみ傘ですが、宿命的にサイズが小さくなりがち。そのため、傘を持っていない方の腕や荷物が、どうしても濡れやすくなります。

たとえば右手で傘を持ったとすると、右半身はじゅうぶんにカバーできるでしょう。しかし小さい傘で左半身はでカバーすることはできません。

この問題を、「傘の軸を中心からずらす」ことで解決した傘があります。20151205_umbrella_01.jpg

どうやって軸の中心をずらしているのかは、上の画像を見ていただくとよく分かるような、分からないような。じっくりと手に取って観察したくなる機構を持っています。もっとも、この複雑な骨組みにもかかわらず、強度はしっかりしているということです。

傘の親骨サイズは約60cmですので、一般的な折りたたみ傘の中では大きい方でしょう。折りたたみ時には約31cmの長さに収まる三つ折り式。骨組みはアルミとプラスチックの組み合わせで約340gと、一般的な折りたたみ傘同様に軽量な仕上がりになっています。

これなら、傘の中心と体の中心を一致させることができるため、折りたたみ傘でも全身をカバーできるわけです。特に何かを犠牲にしていませんし、ひとつ持っておきたいアイテムと言えるでしょう。

軸ずれ折り畳み傘「スマート・アンブレラ」

(田中宏和)

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next