特集
カテゴリー
タグ
メディア

「精神疾患の兆候」すらビッグデータで発見できるように

MugendaiMugendai

「精神疾患の兆候」すらビッグデータで発見できるように

人は、物事を理解したり把握したりするとき、過去の経験に基づいて、何らかのパターンにあてはめる傾向があります。たとえば、フランスの数学者のブノワ・マンデルブロは、1975年にフラクタルというパターンを自然界の中から発見し、今日に残してくれました。そして、現在では、コンピュータ・システムやアルゴリズムは、ビッグデータからパターンを発見しています。

医療の分野にもさまざまな疾患のパターンがありますが、IBM Researchのレポートによると、現在では、ビッグデータによって精神疾患の兆候も発見できるのだそうです。

ウェブメディア「Mugendai(無限大)」より抜粋してご紹介します。

データで患者の心を解析する

精神疾患の予備軍と呼ばれる人の症状には、妄想、幻覚、まとまりのない思考などがあります。精神疾患であるとみなすには、それらの症状が最低でも1カ月以上続き、生活に悪影響を及ぼしていることが示されなければいけません。しかし患者本人や家族にとって、その症状を医師に説明することは難しいものです。IBMの研究開発したシステムでは、そのような手続きを経ずとも、該当患者のインタビューをそのままデータ解析することで、判断しにくい症状でも発見できるようになりました。

このシステムには「不自然な言い回しを判別できる」という特徴があり、「将来的にはソーシャルメディアなどの情報を取り入れて、精神疾病が発症する前に予測できるようになるだろう」と言われています。詳細は以下のリンクよりご覧ください。

ビッグデータで精神疾患の兆候を発見する | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next