特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 10の起動が遅い? スタートアップ設定を確認してみよう

Windows 10の起動が遅い? スタートアップ設定を確認してみよう

「Windows 10」は、さまざまなパフォーマンスが改善されて登場しましたが、中でもひときわすばらしいのが起動時間の短縮です。使っているマシンの起動に時間がかかりすぎるという人は、この設定が有効になっているか確認してみましょう。一挙にスピードアップするかもしれませんよ。

この機能は「高速スタートアップ」と呼ばれています。その仕組みを説明しましょう。Windows 10では、パソコンをシャットダウンするとき、RAMの内容をすべて破棄してしまうわけではありません。シャットダウンの時点でのカーネルとドライバのイメージを「ハイバネーションファイル」に保存しています。システムを再び起動させる際、このファイルを再読み込みするだけで良いので、起動時間を大幅に短縮できるのです。

この機能を有効にするには、以下の手順に従います。

  1. 「スタートメニュー」を「設定」>「システム」>「電源とスリープ」と進み、「電源の追加設定」を開きます。
  2. ウィンドウの左側にある「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。
  3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  4. 「シャットダウン設定」項目の「高速スタートアップを有効にする」にチェックを入れます。

クリーンインストールした場合、この設定はデフォルトで有効になっているはずですが、古いOSからアップグレードした場合、設定を以前いじっていると、それが引き継がれてしまっている可能性があります。私が自分のマシンを確認してみたところ、この機能は有効になっていませんでした。そんなときは、これをオンにするだけで、起動時間が目に見えて短縮されるはずです。

How to Improve Windows 10 Startup Time | Make Tech Easier

Eric Ravenscraft(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next