特集
カテゴリー
タグ
メディア

作ってみよう。おすすめの〇〇リスト

cafeglobe

作ってみよう。おすすめの〇〇リスト

cafeglobeより転載:忙しい毎日の生活で、買い物リストやTo Doリストを利用している人は多いと思います。「Business Insider」では、他にも作ると良いリストが紹介されていました。

観たい映画のリスト

観たい作品が限りなくあるファンには、ジャンルや俳優別のリストが役立ちます。最新作公開を記念して「007映画を制覇する」のように、シリーズごとの鑑賞もおもしろいかも。リストがあれば、何を観ようか迷うこともなくなります。

旅行先のリスト

普通の都市や観光地のリストでは、旅慣れた世代には物足りないでしょう。もっと絞り込んだリストはどうですか。

行きたいレストラン、泊まりたいホテル、訪ねたいワイナリー、潜りたい海...。いろいろ思いつきますね。どんなリストに何を加えるかを考えているだけでも、ワクワクしてきます。

お気に入りの引用文のリスト

なるほど、こんなリストも作れるんですね。感銘を受けた言葉や、好きな作家の文章、インスピレーションや心の支えになるフレーズ。気に入ったものを書き留めておきたいです。行き詰ったり落ち込んだりした時、このリストからは元気をもらえるでしょう。

究極の「バケットリスト」

英語の「kick the bucket(死ぬ)」という表現から派生した、死ぬまでにやりたいことを挙げた究極のリストです。多くの人がやりたい体験を挙げますが、これは、モノよりも体験の方が幸せにつながるというデータがあることからも納得がゆきます。

世界中の人がバケットリストを行動に移しているのがわかる、こんなサイトもあります。インスピレーションがもらえそうです。

リストの効用は?

The New Yorker』によると、私たちの脳はリストのように整理されている情報を好むとか。リストは視覚に訴え、覚えやすく、わかりやすいもの。

そういえば、リストを持っていくのを忘れても、買うものを書き出してあれば、それを思い出して買い物できた経験が何度もあります。プレゼンでも、文章よりも箇条書きになっている方が一目瞭然。つまり、リストは情報を整理し、タスクを実行しやすくするので、ストレスを減らしてもくれるもの。

そろそろ、今年中にやらなければならないことのリストを作ろうと考えていますが、もう少ししたら新年に向けて楽しいリストを作ってみようと思います。そうやって頭にあることを可視化すれば、可能性や優先順位が見えてきて、実現にぐっと近づけそうです。

Business Insider, The New Yorker

(ぬえよしこ)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next