特集
カテゴリー
タグ
メディア

姿勢を正し、首に負担をかけずにスマホを見よう

姿勢を正し、首に負担をかけずにスマホを見よう

私たちは、常にスマホを見るために下を向き続け、非常に首に負担のかかる姿勢をしています(そして見た目も良くありません)。しかし、スマホを使うのをやめましょうと言うのではありません。メールを打ったり、Instagramのいいねを確認したりするときには、以下の、首にやさしい姿勢でスマホを見てください。

ストレングス&コンディショニングのコーチであり、運動のスペシャリストであるKate Galliettが、すぐに姿勢を直せる、いくつかのポイントを教えてくれました。

  1. 腕のポジションを一度戻して、頭と首のラインが真っすぐになるようにします。
  2. 物を見るときにはできるだけ目の周りの筋肉を使うようにします。
  3. 肘を曲げ、肘は胸の高さになるようにします。そしてスマホを自分の顔の高さに上げます。

151118_neck.jpg

Kateが上の画像で行っているデモンストレーションのように、肘は直角に曲げ、胸を張り、背骨全体が真っすぐになっていることを意識してください。こうすれば首だけに60ポンドの負担がかかることもありません。そして、下を見るときは、首を下ろすよりも目の周りの筋肉を使うほうが良いようです。

多くの人は、1日に5時間ほどスマホを見ているそうですが、おそらく大体の人が、首を曲げて下を見ていると思います。でも、このちょっとした正しい姿勢を続けると、首と肩の緊張が和らぐのです。私自身も首の疲れと肩こりにずっと悩まされてきたので、スマホをできるだけこのような姿勢で見るようにしています。それからは、無意識に首がティーポットのように前に傾いてしまうのに気が付くようになり、自分の姿勢を直せるようになりました。

Stephanie Lee(原文(リンク)/訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next