特集
カテゴリー
タグ
メディア

外国語スキル以上に重要かもしれない、7カ国別「文化的ビジネスマナー」

外国語スキル以上に重要かもしれない、7カ国別「文化的ビジネスマナー」

現在、企業は今まで以上の成果を求め、これまでにないほどのスピードで国際市場に乗り出しています。また、そのために多くの企業は、さまざまな国の文化、マナーの理解、そして、第二言語の習得に力を入れています。ただ、Economist紙のエコノミック・インテリジェンス・ユニット(EIU)の調査によると、調査に協力した約7割のビジネスリーダーたちは、海外のステークホルダーとコミュニケーションを交わす際、たびたび困難に直面しているようです。また、その多くが言語の壁ではなく、文化的ビジネスマナーやエチケットを知らなかったことで起こった困難なのだとか。

そこで、今回は、海外留学のEFの記事より、7カ国の文化的ビジネスマナーをご紹介します。

1. ロシア

ロシアでは、初対面の方との挨拶として握手を交わしてはいけません。また、好印象を見せるためにわざと笑顔を作ってはいけません。日本とは違い誠実ではないと誤解されてしまいます。

2. 中国

ビジネスカード(名刺)を交換する際、必ず両手で受け取り、両手で渡しましょう。日本よりも相手を敬う姿勢が中国では重要になります。

3. イタリア

イタリアでは服装が最も重要です。だらしない格好はやめましょう。身なりを整えることがあなたの成功につながります。

4. フランス

ビジネスの会話の中で話の腰を折られる、中断されることが珍しくありません。むしろ、相手があなたの提案に興味を持っているポジティブなサインです。

5. ドイツ

とにかくドイツは時間厳守の国。決められた期日、集合時間など、タイムマネジメントを常に心がけましょう。

6. スペイン

平日の日中、2時間ほどオフィスがクローズしていても驚かないでください、また、朝は遅く10時頃の出社、夜は19以降もオフィスに残って仕事をするスタイル。これらは、スペインのビジネス文化の一部です。

7. アメリカ

完璧な握手で相手を迎えましょう。手を握る圧力、握手の長さは、後々あなたのビジネス全体に影響を与えるポイントになっていきます。最初の印象が重要です。

海外留学のEF

swiper-button-prev
swiper-button-next