特集
カテゴリー
タグ
メディア

知っておくべき13の便利な「Windowsショートカットキー」

知っておくべき13の便利な「Windowsショートカットキー」

MakeUseOf:Windowsのショートカットキーは、Windows 95以降のバージョンからありますが、それらは今日に至るまでに、ちょっとした仕掛けから本当に便利なものへと進化してきました。Windowsには知られざる仕掛けが数多くあり、それらを利用するためには、ショートカットキーが非常に重要です。

今回は、その中からWindowsの使い勝手をさらに改善するものをいくつかご紹介しましょう。

注:この記事はWindowsのショートカットキーを完全に網羅したリストを紹介するものではありません。特に利用価値のあるものを挙げていますので、誰にでもきっと役にたつはずです。

Windows 95 以降

  • Win D:すべてのウィンドウを隠します。元に戻すにはもう一度入力します
  • Win E:Windows エクスプローラーを開きます
  • Win R:Run(実行)ウィンドウを開きます

Windows XP以降

Win L:デスクトップをロックします

Windows 7以降

  • Win Up:使用中のウィンドウを最大化
  • Win Down:使用中のウィンドウを最小化
  • Win Left:使用中のウィンドウを左へ移動
  • Win Right:使用中のウィンドウを右へ移動
  • Win 数字:タスクバーに表示されているプログラムの左から(押した数字)番目に切り替え

Windows 10 以降

  • Win A:アクションセンターを開く(お知らせとクイック設定)
  • Win C:音声アシスタント「Cortana」のリスニングモードを起動する
  • Win I:設定アプリを開く
  • Win Tab:タスクビューを開き、開いているすべてのプログラムを表示し、必要に応じて素早く切り替え

もっと知りたい方は、Windows 7の便利なショートカットについての記事をチェックしてください。そこにあるほとんどが、Windows 8.1やWindows 10でも何らかの形で使えます。

13 Nifty ʺWindows Keyʺ Tricks You Should Know By Now|MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next