特集
カテゴリー
タグ
メディア

エレベーターが落下したときに生存率を上げる姿勢

エレベーターが落下したときに生存率を上げる姿勢

落下するエレベーターの中では、助かる見込みは極めて少ないでしょう。しかし、この動画を見れば、エレベーターに乗る時の恐怖も少しは和らぐかもしれません。Business InsiderのYouTubeチャンネルで念押しされていますが、エレベーターのケーブルが切れる事故はそう起こるものではありません。とは言え、MITの研究グループが、エレベーターの落下事故で助かる方法を物理学的な観点から考えました。そして、落下するエレベーターの中で助かるには、地面にぶつかる瞬間にジャンプしてもダメだということがわかりました

研究グループによると、助かるには体重がエレベーター全体に分散するよう、床の中央で仰向けになるのがベストです。これでエレベーターが地面にぶつかった時の衝撃が体に均等に分散し、助かる可能性が高くなるということです。エレベーターが落ちるなんてことはまずないとは思いますが、これでエレベーターに乗る時の不安が少しは和らぐことでしょう。

How to make it out of a free-falling elevator alive | YouTube

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next