特集
カテゴリー
タグ
メディア

シンプルだけど便利。文章をスマートに選択するための裏ワザ3つ

シンプルだけど便利。文章をスマートに選択するための裏ワザ3つ

MakeUseOf:文章をコピーしたり切り取ったりするためには、まず、文章を選択する必要がありますが、もう1文字ずつ選択するような面倒な作業は必要はありません。もっと簡単で、生産性を大幅にアップさせる便利な裏ワザをいくつかご紹介します。

単語ごとに選択する

単語を選択したあとに、最初か最後の数文字が欠けていることに気づいた経験はありませんか? それは最悪の事態ではありませんが、イライラしてしまうことには変わりありませんよね。

こういうときには、選択を始める前に単語の上でダブルクリックします。すると、カーソルが、文字ごとではなく単語ごとに選択してくれるので、言葉の前後が切れてしまうことは二度とないでしょう。

長文を選択するには

長い文章を選択しなければならない場合もなかなか厄介です。たとえば、2000語の長さがあるウェブ上の記事をコピーしたいときや、Word文書の10ページ分を選択したいときなどです。しかし、ここにも簡単に使える裏ワザがあります。

選択を始めたい部分で1回クリックして、シフト(Shift)キーを押したまま、終えたいところでまた1回クリックします。

するとどうでしょう! クリックした部分に囲まれた文字が、すべてきれいに選択されています。

別々の文章を複数選択したい場合

段落の最初と最後の文だけ選択し、その間の無関係な文章はすべて飛ばしてしまいたい場合はどうでしょうか?

コントロール(Ctrl)キーを押したまま、選択したい文章の選択を続けます。そのままコピーし、ペーストすると、選択した部分が改行されて貼り付けられます。

このような裏ワザをもっと知りたいなら、シフトキーの裏ワザやマウスのスクロールホイールを使った裏ワザをチェックしてみましょう。皆さんの生産性はさらにもう1段階確実にアップするでしょう!

3 Lesser-Known Tricks For Smartly Highlighting Text|MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック

Photo by PIXTA.
swiper-button-prev
swiper-button-next