特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事における悪い習慣を治す方法

仕事における悪い習慣を治す方法

MakeUseOf:私たちはみな多かれ少なかれ悪い習慣を持っています。生活のあらゆる場面で顔を出すそれらは、大して害のないものもあります。しかし、仕事における悪い習慣は別。できるだけ速やかに取り除く必要があります! 仕事における悪い習慣は、仕事を失うという結末にも結びつきかねません。最低でも金銭的なダメージは受けることになります。そんなことには絶対なりたくないですよね!

どうすれば仕事における悪い習慣を治せるのでしょうか? 決して悪い習慣の言いなりにはならないように、下のアドバイスに従って、スマートな働き方を身につけてください。

ぐずぐず病

症状

物事を土壇場になるまでやらない。言い訳ばかりを口にする。太陽がサンサンと輝きお花畑が広がる幻想の世界に住んでいる。

治療方法

  • 簡単なタスクから手を付ける。
  • 大きなタスクは細かく分解する。
  • 失敗しても自分を責めない。
  • そのタスクが全体の目的にどのように貢献するかを尋ね、自分の中にある心の壁を壊す。

未来ではなく現在に生きる。定期的に検査する。

予後

90日の回復プログラムで80%が治癒する。

デマゴーグ認知症

症状

いつも言い訳をしている。鋭い質問をされると、質問者がその質問を忘れてしまうまで、別のことに話題をそらす。大口をたたき、あいまいなコンセプトを語る。非難されると誰かに責任転嫁する。

治療方法

上司の助けを仰ぐ。

  • 会話をコントロールしてもらい、内容説明には書面を使う。
  • なるべく数字を使って成果や現状を報告する。
  • 目標やタスクの達成方法のアウトラインを作ってもらう。

簡潔な文章でガイドラインが書かれた書面。

予後

未知数。試験が必要。

働きバチ・コンプレックス

症状

机は散らかり、カレンダーは予定でギッシリ、いつもスプレッドシートを開き、四六時中ヘッドセットをつけている。誰も、この「ハチ」が実際に何をしているのかを知らない。

治療方法

上司に頼んで、業務目標を明確にしてもらう。日次、週次の状態評価メソッドを導入する。

  • PPP(Plan、Progress、Problem:計画、進捗、問題)メソッド
  • 毎朝マンツーマンのスタンドアップ・ミーティングを行う
  • 明確なゴールと期待
  • 監督してくれる人物。

予後

五分五分。さらなる評価が必要。

第1級の通知犠牲者(慢性マルチタスカー)

症状

仕事中に、メール、スカイプ、ソーシャルメディアなど、可能な限りのプログラムを同時に開いている。通知とタスクの間を行ったり来たりしている。それらをほとんど無意識で行っている。

治療方法

  • 静かなスペースを見つける。
  • 気が散りそうなものをすべて閉じる。
  • マルチタスクをやらない。

静寂。携帯に「邪魔しないで」モードへの切り替えボタンをつける。

予後

順調に行けば、21回のセッションで70%が治癒する。ただし監督が必要(習慣づくりには21日かかるが、習慣を壊すには3日しかかからない)

会議ウイルス

症状

いつも会議中か会議に向かう最中である。必要性を尋ねず、どんな会議も受け入れてしまう。感染性がある。

治療方法

会議を受けたり、セッティングしたりする前に、次のチェックリストを確認する。

  • なぜこの会議が必要なのか?
  • 明確に定義された目標はあるか?
  • アジェンダは用意されているか?
  • 参加者は決定しているか?

直ちに会議の50%を削減する。

予後

予防措置がうまく働けば90%が治癒する。

意味なし症候群

症状

明確なゴールや目標がない。「なぜ?」という言葉が患者の頭に浮かばない。ただ、それをするためにそれをする。

治療方法

長期、短期のゴールを設定する。

  • OKR(Objectives & Key Results:目標と主要な結果)
  • SMARTゴール(Specific、Measurable、Achievable、Relevant、Timed:具体的な、測定可能な、達成可能な、価値観に沿った、時間的制約がある)
  • BHAG(Big Hairy Audacious Goals:命運を賭けた大胆な目標)

予後

最初の3つのゴールを達成したら、80%が治癒する。

How to Cure All of Your Bad Work Habits|MakeUseOf

Dave LeClair(訳:伊藤貴之)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next