特集
カテゴリー
タグ
メディア

売れ残りのパンからつくったベルギービール

MYLOHAS

売れ残りのパンからつくったベルギービール

マイロハスより転載:地球上、食料が足りない場所がある反面、賞味期限切れの食料品や残飯が無駄に捨てられている場所もあるのが現実。

幸いなことに、この「食料品の廃棄」をなんとか減らそうという動きも、次第に増えてきました。

廃棄食品の12%はパン

そのうちのひとつ、最近ヨーロッパで話題になっているのが、ベルギー・ブリュッセルのBrussels Beer Projectです。この若いビール醸造会社が作り出したBabylone(バビロン)は、なんと売れ残りのパンを利用して作られたビールなのです。

なんでも廃棄される食料品の12%を占めるのがパン。そこに注目し、大手チェーンスーパーDelhaize(デレーズ)らの協力を得て、売れ残りのパンを回収。ビール製造に使おうと思い立ったのが始まりだとか。

売れ残りのパンで大麦30%の節約

硬くなったパン。最初は金槌で叩いてみたり、焦がしてしまったり、思うようには進まなかったそうです。試行錯誤の末、ようやく見つけたプロセスは次の通り。

パンを薄く切り、90℃で1時間熱したのち、ミキサーで砕いて、粉状にし、真空パックに詰める。

Slate.frから翻訳引用

この「パン粉」に、麦芽を混ぜて作られるのがバビロンなのです。この「パン粉」導入のおかげで、大麦の使用量は30%も節約されます。

甘味と苦みの混ざったユニークな味

バビロンというビール名は、古代バビロン王国でパンを原料にシカルというアルコールが作られていたことに因んでいます。食の原点に還るような命名で、なかなか素敵な選択です。

気になるお味ですが、ビールの比較サイトでも好評を博しています。評価によると、フルーティでありながら、甘味と苦みの混ざったアンバー・ビール、という記述が目立ち、香ばしい匂いにキャラメルやハーブの香りを感じる人もいるようです。

開発者のオリヴィエ氏に言わせると「他にないユニークな味としか言いようがない」とのこと。

食品廃棄は、私たちが取り組まなければならない大切な問題のひとつ。一挙に解決とはいかなくとも、こんな風に、少しずつでも無駄な廃棄を減らすことで、次の世代に明るい未来を残せるようにしたいものです。

[Brussels Beer Project,Slate.fr]

(冠ゆき)

swiper-button-prev
swiper-button-next