特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google社内で人気の「幸福研修」が教えてくれる3つのこと

Google社内で人気の「幸福研修」が教えてくれる3つのこと

GoogleのエンジニアであるChade-Meng Tan氏は世界をより平和に、人々をより幸せにするという使命を持っているそうです。幸せの秘訣は毎日3つのことをすることだと彼は言います。「CNN Health and Wellness」の編集ディレクターであるDavid G. Allan氏が、2014年にSXSWでのMeng氏の公開討論会「自分自身を地球一幸せな人にしよう」に参加した後に、これらのステップについて議論しました。

1つ目のステップは、日中に一休みして自分の呼吸に注意を払って「心を落ちつけること」です。瞑想とマインドフルネスによって心を集中することで、たくさんの利益がもたらされることが証明されています。

2つめのステップは、「楽しい瞬間を記録すること」です。私たちはたいてい、ネガティブなことに注目しすぎていて、ポジティブな瞬間を無視したり見過ごしています。良いことをもっと受け入れて、ネガティブことを埋め合わせしましょう。

3つめのステップは、「他人の幸せを願うこと」です。利他的になると、嫌な気持ちが方向転換しますし、共感はとても貴重なスキルです。他人の幸せを願おうと意識すれば、逆に自分の幸せを増やせるのです。

Meng氏がGoogleの「自分の中を探そう」というコースでこれらの考えを説明しているのが下の動画です。これらの3つのステップは全ての人には当てはまらないかもしれませんが、試してみる価値はあるでしょう。

Google's algorithm for happiness|CNN

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック

swiper-button-prev
swiper-button-next