特集
カテゴリー
タグ
メディア

時間がない朝に作るエナジー朝食:秋の暴飲暴食を抑える「切り干し大根きのこスープ」

時間がない朝に作るエナジー朝食:秋の暴飲暴食を抑える「切り干し大根きのこスープ」

こんにちは、料理研究家のオガワチエコです。

食べものの美味しい季節ですね。夏の疲れも癒えて、食欲も回復し、ついつい食べ過ぎているかたもいらっしゃるのでは?

前日の夜に満腹の状態のまま寝てしまうと、次の日の朝はどうしても胃がもたれてしまいます。でも、また夜になるとお腹がすいて、胃に詰め込むように食べてしまう。これでは悪循環だし、胃にも大きな負担がかかってしまいます。

今回ご紹介する「切り干し大根きのこスープ」は、この時期に陥りがちな暴飲暴食を抑え、胃腸の調子を整えてくれる朝食メニューです。

150922much2.jpg

切り干し大根きのこスープ

▼材料(1人分)

しめじ......1/2パック

玉ねぎ......1/4個

切り干し大根......10g

味噌......大さじ2

(水......500ml)

▼作り方

1. しめじの石づきを取って手でほぐす。玉ねぎは5mm幅くらいに切る。

2. 鍋に水を入れ、1と切り干し大根を入れて火にかける。

3. 全体の量が2/3程度になるまで10分くらい煮て、味噌で味付けして出来上がり。

暴飲暴食が続けば胃腸を傷めるだけでなく、肥満にもつながります。暴飲暴食を防ぐのに効果がある栄養素が、食物繊維です。食物繊維を摂取すると満腹感が促され、食欲を抑える効果があることが確認されています。しめじにも食物繊維は豊富に含まれているので、整腸作用とダイエット効果で抜群の朝食と言えます。

150922mush3.jpg

切り干し大根から出る甘味によって、ミネストローネ風のテイストに。朝、こうして野菜から出る甘みを摂っておくと、日中にお砂糖を使ったスイーツを食べすぎるのを防ぐこともできます。

味噌味がベースなので、朝は和食というかたにもピッタリ。眠くてどうしようもないときでも、スープなので食べやすい。食感も柔らかく、寝ぼけまなこでも素早くかき込めちゃいます。

朝からちょっとした秋の味覚が味わえる一品。お腹の調子も良くなって、仕事に集中できそうですね。いってらっしゃい!

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)など。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。2015年9月11日には新刊『スティックオープンサンドの本』を出版。

(写真/大崎えりや)

料理研究家/オガワチエコ

swiper-button-prev
swiper-button-next