特集
カテゴリー
タグ
メディア

iTunesよりも細かなところに手が届く「AnyTrans」が便利!

  • カテゴリー:
  • TOOL
iTunesよりも細かなところに手が届く「AnyTrans」が便利!

iPhoneを買い換えた時は、前の端末のバックアップを新しい端末にリストア(復元)して使うでしょう。iTunesを使えば面倒な作業をせずとも新しい端末を使い始められるので、非常に便利です。しかし、端末に残っている特定のメッセージや写真だけを抜き取ったり削除したり、バックアップしたりなどの細かな操作はできません。

こうした操作は、iPhoneアプリを使わないと出来ないと思っていることはありませんか? 実はこんな時に使えるアプリがあるのでご紹介します。ご紹介するのは「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。機能をいくつかご紹介しましょう。

想い出のメッセージをPCに保存

AnyTransには、メッセージをエクスポートする機能があります。エクスポートされたメッセージは、HTML形式で出力されるので、後から見やすくなっています。日頃のやりとりであれば気にすることはありませんが、記念日にもらったメッセージは大切に保存しておきたいものです。私は、母からはじめて届いたSMSが誕生日祝いのメッセージだったので、これをMacに保管しています。

150606_anytrans02.jpg

ファイル単位で細かくメンテできる

他、端末にインストールされているアプリを選んでPCにコピーすることができるので、アプリをバージョンアップする前にバックアップすることもできます。

また、iPhoneに保存されている連絡先を直接編集する機能を持っています。たとえば、AnyTransをインストールすることで、連絡先をたくさん登録・編集する時にPCが使えるので、効率良く進められます。

写真管理をAnyTransでできるのも特徴です。たとえば、気に入った写真だけ取り出したり、不要な写真だけを削除したりできます。他にもバースト撮影した写真の内容を確認しながら、ベストショットだけをiPhoneから取り出すことができます。

クローン機能やマージ機能も備えている

これ以外にも、音楽や写真などをカテゴリを指定してファイルをエクスポート/インポートできたり、端末のクローンを作成したり、二台の端末をマージしたりする機能など、iTunesには無い機能を備えているのも魅力です。

AnyTransは3999円の有償アプリで、開発元のiMobileのサイトから購入出来ます。少々値は張りますが、こうした小回りの効くアプリが欲しかったという方は多いはずです。デモ版が用意されているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

AnyTrans

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next