特集
カテゴリー
タグ
メディア

実に便利。知っておいて損はない、Chromeの拡張機能8選

  • カテゴリー:
  • TOOL
実に便利。知っておいて損はない、Chromeの拡張機能8選

MakeUseOf:過去にFirefoxを使用し、SafariやOperaをちょっと試して、Internet Explorerを使って10分後には完全に夢中になっているということもあるのに、どういうわけか結局いつもChromeに戻ってしまいます。その理由は簡単です。

Chromeのプラグイン数は莫大にあります。最近では、開発者がプラグインを作成する場合、Chrome用である場合がほとんどのようです。まるで、Firefoxはもうほとんど関係ないかのように。

さまざまなプラグインを試すのがブラウザを使う上での醍醐味。これからご紹介する8つは、私がもう今や手放せなくなってしまったChrome用のプラグインたちです。

Videostream for Google Chromecast

Google Chromecast(Amazonで購入)はApple TVに取って代わる低コストのデバイスで、使いはじめてもう1年以上になります。ウェブサイトからテレビに動画を流せるだけで十分すばらしいのですが、これまでにインターネットで購入してダウンロードした映画はどうなるでしょう? 大画面の薄型テレビでその映画を見たいなら? Videostreamを入れましょう。

上のYouTubeの動画が示すように、アプリを立ち上げてパソコン上の動画ファイルを選択するだけです。お使いのテレビのChromecastが本来の動作を行っていれば、まるで不可解で不思議なマジックのように、テレビ画面に映画が映し出されることでしょう。

Ballloon

はい、誤字ではありません。この拡張機能名には本当に「L」が3つ入っているのです。名前を登録する際にディベロッパーの指がLキーに引っかかったか、自分の風船のロゴをとても気に入っていて妥協できなかったかのどちらかでしょう。

しかし、Ballloonは大容量のクラウドストレージファンなら、誰にとってもすばらしいものでしょう。Chromebookを利用する人がいるこの時代では、データはダウンロードするものではありません。Ballloonはクラウドに直接データを送る方法として、有益なのです。

たとえば、ネットで見た写真を保存したいときは、写真にカーソルを移動させるだけで各クラウドサービスの小さなロゴが現れます。ロゴを選べば万事OK、すぐにクラウドに送信されます。

Floating YouTube

他のページを閲覧中やメール作成中にYouTube動画を見たいと思ったことはありませんか? デスクトップモニターを2つお使いなら、たやすいことでしょう。第2モニターでブラウザをもう一つ開いて、動画の再生を開始してください。ですが、モニターが1つ、あるいはラップトップPCの場合は手も足も出ません。

画面の一番上に表示され続ける小画面のプレイヤーを、YouTubeは公式には提供していません。ですから、Floating YouTubeは優れものです。プレイヤーを立ち上げ、動画のURLを入力するだけで再生が始まります。ただ、ひとつ例外があります。動画をアップロードした人が埋め込みを禁止している場合、このプレイヤーは使えません。

デフォルト位置の右下が皆さんに合わない場合、マウス操作でプレイヤーを移動させることもできます。

Force Background Tab

これまでに一度は経験があるのではないでしょうか。誰かが多数のリンクをメールで送ってきたことが。1番目のリンクをクリックすると、突如新しいタブに飛ばされ、リンクが開きます。イライラして、皆さんはメールのタブに戻ります。そして、2番目のリンクをクリックします。そして、また同じことが起こります。

メールのタブから飛ばされて新しいタブに移動し、リンクが開くのです。もし、リンクがたくさんあるのなら、これは本当に腹が立つでしょう。

Force Backgroundの機能は名前の通りです。リンクをクリックすると、タブをバックグラウンドで開くので、今開いている画面はそのままです。こういうちょっとしたことがどれほど人の気に障るかということを考えると、驚きですね。

Linkclump

Linkclumpは私のような人間にはピッタリです。私はウェブ検索を大量に行うため、リンクをたくさん開く必要があります。すべてのリンクをひとつずつ開くのは、時間がかかるし退屈です。そこでLinkclumpは楽な解決策を与えてくれます。

マウスを右クリックしたままドラッグして開きたいリンクを選択します。開きたいリンクがすべて選択されたら、マウスのボタンを離します。すると、選択したリンクすべてが自動的に新規タブで開きます。数秒でリンク100個でもマウスで開くことが可能です。読み込みに多少時間がかかるかもしれませんけどね。

OneTab

しかし100個ものリンクが開いたら、ブラウザが混乱して速度が落ちて使えなくなる可能性があります。必要なメモリを確保するために、思い切った即時の行動が必要となるのはこういった場合です。

メニューバーのOneTabボタンをクリック、あるいは、ブラウザページで右クリック、OneTabを選択すると、OneTabが即座にリンクすべてを拾い集め、ひとつのタブにリンク一覧を作成、そしてその他のタブをすべて終了します。その後、シェア可能なURLが付いたリンクページを作成できます。このページにはQRコードも付いており、スマホやタブレットでも簡単にリンクを開くことができます。

Panelizer

Floating YouTubeはマルチタスク中にYouTube動画を見るには優れていますが、他形式の動画サービスではどうでしょうか? Netflixなどに向けた「常に一番上」のミニプレイヤーをお探しなら、Panelizerがオススメです。動画を右クリックし、選択リストからPanelizerを選びます。すると、画面右下にミニプレイヤーが現れて動画の再生が始まります。

しかし、Floating YouTubeとは異なり、画面上でプレイヤーを移動させることはできません。断固として所定の位置にとどまります。そんなことは大した問題ではないですけどね。作業中やネットサーフィン中にも人気ドラマを視聴できるようになるのですから。

tab.pics

tab.picsは、ブラウザの利用時間が長いなら、ブラウザウィンドウを飾る方法を探すのに役立つプラグインです。使っているうちに、標準のChromeウェブアプリの立ち上げ画面に飽きてきて、もうちょっと魅力的なものが欲しくなると思います。皆さんもそうなら、ぜひtab.picsをお試しください。

tab.picsはサイト「Reddit」に投稿された風景写真を利用して、新しいブラウザのページを魅力的に見せてくれます。ページを再読み込みすると別の写真が現れ、すばらしい風景写真を一日中見ることができます。


これらの8つのプラグインはいまや日々のワークフローに欠かせない一部になっています。ぜひトライしてみてくださいね。

8 Absolutely Brilliant Chrome Extensions That You Should Know About

Mark O'Neill(訳:コニャック

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next