特集
カテゴリー
タグ
メディア

蚊のかゆみを止めるにはライムかレモンがあればいい

蚊のかゆみを止めるにはライムかレモンがあればいい

暑い夏と言えば、水泳、バーベキュー、キャンプですが、蚊に刺される季節でもあります。蚊のかゆみで我慢できないときは、少量のレモンやライムジュースでかゆみを止めることができます。蚊に刺された時に家庭で処置する方法は、熱いスプーン、セロハンテープ、マニキュアまでいろいろあります。Food52の編集者であるAmand Sims氏は、蚊に刺されるたびにクリームを探すのが嫌になり、他の方法を試してみることにしました。ライムジュースです。ライムやレモンに入っているクエン酸が軽い抗菌作用でかゆみをなくしてくれるのです。ただし早めに、ひっかく前にジュースを塗る必要があります。もし引っかいて傷口が開いてからジュースを塗ってもかゆみは薄れますが、それはヒリヒリするからでしょう。また、同じ理由で、日焼けしていない部分に塗ることも大事で、塗った後は必ず直射日光を避けてください(そうしないと水ぶくれになるかもしれません)。

また、ライムかレモンジュースを塗った後は直射日光を避けてください。ひどい日焼けを防ぐためです。

Myth or Magic? 16 Pest Control Hacks We Tested for You|Food52

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by John Robinson.
swiper-button-prev
swiper-button-next