特集
カテゴリー
タグ
メディア

辞めたいほど嫌いな仕事を好きになれるかもしれない人の4つの特徴

辞めたいほど嫌いな仕事を好きになれるかもしれない人の4つの特徴

嫌だと思っている仕事ばかりしていると、辞めることばかり考えてしまうものです。でも、どうしてその仕事が嫌なのでしょうか? このままずっと、ひどい仕事としか思えないのでしょうか? 別の仕事を探したほうがいい人もいますが、今の仕事を続けるほうがいいこともあります。辞める前に立ち止まって少し考えてみましょう。これから紹介する4つの特徴に思い当たるようなら、今の仕事を続けていけるかもしれませんよ。

1. ネガティブな話題に気を取られすぎている

ランチをしながら、「自分の望んでいたポジションにあいつが昇進してしまった」なんて同僚に愚痴をこぼしたり、「部長のランチにあの人が呼ばれていた」なんて噂を追いかけてはいませんか?

ネガティブな話題に気を取られるのではなく、自分にとって良かったことに目を向けるようにしてみましょう。昇進できなかったことに不満を言うかわりに、自分が達成したことを記録するようにすれば、自分の成果をアピールするときの材料になります。上司に頼まれた仕事がつまらないと愚痴をこぼすのではなく、真剣に取り組んでいるプロジェクトのことを同僚に語ってみましょう。

ポジティブ思考ですべて解決とはいきませませんが、自分の考え方を変えてみると、問題が仕事にあるのか、それとも仕事に対する自分の考え方にあったのか、ハッキリするでしょう。

2. 昇進のための計画を立てていない

昇進の見込みがない仕事で行き詰まりを感じるのは、とてもつらいことです。成長の機会にもならないのであれば、別の仕事に探したほうがいいでしょう。

ところで、どうすれば希望のポジションや部署に行けるのか、上司や人事に相談してみましたか?

例えば、今いる部署の管理職に就きたいと思っているのに、出世コースから外れているとします。昇進のチャンスをつかむには、伸ばすべきスキルやするべきことを上司から聞き出す必要があります。

もしくは、管理職のスキルを身につけるために営業から営業研修の部署に移るというように、自分の目標に近づける異動ができないか、人事にかけあってみるのもいいかもしれませんよ。

3. 長い間、休暇を取っていない

有給休暇を取っていますか? 休みなく働いていたら、誰だって仕事を辞めたくなります。

きちんと休暇を過ごせば、ストレスから解放され、効率的に仕事をこなせるようになります。今の仕事やポジションに対しても、まったく新しい見方ができるようになるでしょう。

本当に仕事を辞めるべきなのかもはっきりするはずです。

4. 仕事上の問題を上司に伝えていない

今の仕事に、どうしても我慢できない部分がありませんか? 今のプロジェクトチームで働くのが嫌だったり、仕事量が多く残業や休日出勤が必要であったり、そもそも仕事が好きではなかったりしませんか?

仕事上の問題点を上司に相談してみましょう。

別のプロジェクトチームへの異動が認められたり、仕事量を減らしてもらえるかもしれません。求人を検索したり履歴書を書いたりするまでもなく、今の仕事を続けていけるようになるかもしれません。

転職を検討する前に、自分のためにできることをやってみましょう。今の仕事で持ち直せるのか、検証してみる価値はありますよ。

4 Surprising Signs You Should Fix Your Current Job Instead of Quitting | The Muse

Katie Douthwaite Wolf(原文/訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next