特集
カテゴリー
タグ
メディア

ギターを弾いた後の「指の臭い」を防ぐ簡単なコツ

ギターを弾いた後の「指の臭い」を防ぐ簡単なコツ

変に聞こえるかもしれませんが、定期的にギターを弾いていると、指が古いニンニクのような臭いになります。ここでは、どうしてこのような悪臭がおきるのか、また、今後それを防ぐ簡単な秘訣をいくつかご紹介します。ギターを弾くこととは指のトレーニングですが、トレーニングは普通は重労働で、汗をかくトレーニングには臭いがつきものです。ギターを弾く時に、汗がギターの弦と指板に付着しますが、暑い環境で弾いているときはこれが特によくないのです。ただ幸いなことに、臭いを防ぎギターをケアできるいくつかの簡単の方法があります。New YorkのRochesterにあるThe House of Guitarsで40年間楽器の修理工をしているRichard Robinson氏に、Mental FlossのNancy Dunham氏が話を伺ったところ、以下のようなアドバイスを頂きました。

・ギターに触る前に手を洗う。

・演奏する前と演奏後に、クロスか古いTシャツで弦を拭く。

・特別な清掃用品でフレットボードと弦をキレイにする。

Robinson氏が指摘するところでは、ギターを綺麗にしたり拭いたりするときには、Windex洗剤、アマニ油、レモンオイル、そして同様にPledgeワックスなどの使用は避けるべきとのことで、楽器専用の清掃用品を使うことが重要だということです。再度臭わないようにするには、手を洗ったり余分な汗をギターから取り除くことで十分でしょう。

Why Do Some Guitarists' Fingers Smell Like Garlic?|Mental Floss

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Photo4jenifer.
swiper-button-prev
swiper-button-next