特集
カテゴリー
タグ
メディア

したくない会話を「平穏」で「すばやく」切り上げる方法

したくない会話を「平穏」で「すばやく」切り上げる方法

したくない会話から失礼なく抜けるには、一言断りを入れて中座するか、他の人を会話に引き入れたりすることなどがあります。もっと早く終わらせたいときには、聞くことに徹するという手段もあります。しかし、最も効果的な方法は、一気に話をまとめてしまうことです。

相手の気分を害さずに会話から抜けるのは、そう簡単なことではありません。失礼がないようにしたいですが、お互いの時間を無駄にしたくもないものです。我慢の限界と感じたらならば、何か耳あたりの良いことを手短に言って、会話を切り上げるのが、作家でジャーナリストのChris Collin氏のオススメです。同氏は『What to Talk About: On a Plane, at a Cocktail Party, in a Tiny Elevator with Your Boss's Boss』の共著者です。

楽しい場合もつまらない場合も、会話の切り上げ方は同じです。私の場合、笑顔で相手の目を見ながら「お話できて良かったです」と言って、その場を離れます。立ち去るときに、相手に嫌な思いをさせたかなと思うかもしれません。しかし、会話はいつまでも続くわけではないですし、相手の方から会話を切り上げてくれることもあるものです。スマートに会話を終わらせられる大人として相手を扱えば、相手も悪い気分にはなりませんし、あなたのことを悪く思ったりはしません。

魔法のような術はありません。ですので、こういう方法は上手にやらなければいけません。大事なことは誰かが話している途中に割り込まない、会話を切り上げるときはアイコンタクトと笑顔を忘れないことです。また、一緒に話ができたと感謝するときは、きちんと心を込めて言うようにしましょう。あまり気乗りしない人もいると思いますが、自分の時間をその会話に費やしたのですから、価値があったのだと認めましょう。

Patrick Allan (原文/訳:コニャック)

swiper-button-prev
swiper-button-next