特集
カテゴリー
タグ
メディア

脂肪はダイエットの味方だった

cafeglobe

脂肪はダイエットの味方だった

cafeglobeより転載:脂肪といえば、ダイエットの敵。そんな印象ですが、実は脂肪に女性ホルモンや成長ホルモンを作り出すチカラがあることが、最近の研究で発表されました。

減らすべき脂肪とそうでない脂肪がある

この研究を発表したのは、大阪大学名誉教授で住友病院院長の松澤佑次先生。

これまで単なるエネルギーの貯蔵庫としか見られていなかった脂肪細胞が、重要な物質を生み出す役割を担っていたことを、世界に先駆けて発見したそうです。そうなると、やみくもに脂肪を減らすのは良くない感じがしてきます。

脂肪は大きく皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。

・皮下脂肪...減りにくい反面、蓄積されにくい性質で、増えても健康に影響しません。

・内臓脂肪...消費されやすいぶん蓄積もされやすい。

現代社会では運動量よりも摂取エネルギーが上回ることが多いため、消費されないエネルギーはどんどん蓄積されて、過剰な内臓脂肪となってしまいます。

このことから、健康で美しいカラダを目指すなら、皮下脂肪ではなく、内臓脂肪に着目することが大切だとわかります。

「減らす」だけでなく「適量に保つ」のが大人のボディメイク

とはいえ、内臓脂肪はカラダに必要なエネルギーを送る仕事もしているため、少なすぎても問題です。肝心なのは、ただ減らすのではなく、適量を保つこと。先生は、内臓脂肪に限定して量をコントロールする方法も提唱しています。

有酸素運動も、もちろんいいのですが、内臓脂肪に直接働きかける腹筋などの筋肉運動もおすすめです。ただし無理は禁物。特に普段から身体を動かすことに慣れていない人は、できる範囲で少しずつが鉄則。続けることが大切なのです。

太陽笑顔fufufu..net」より引用

内臓脂肪量の適量は、メタボ検診で行われる腹囲測定が参考になります。メジャーでいつでも測れます。内臓脂肪型肥満の基準は、男性で85㎝以上、女性なら90㎝以上。これを目安に内臓脂肪を適量に保つと、カラダを健やかにする「アディポネクチン」という善玉物質を増えやすくなり、健康的なボディメイクが可能になります。

「アディポネクチン」は血管を修復するほかにも、高血圧や動脈硬化を予防・改善したり、また、血糖を調整するインスリンの働きをよくして糖尿病を防いだり、さらには余分な脂肪の燃焼をサポートして脂質異常症から守ってくれたりと、主に生活習慣病対策のために大活躍する、とてもありがたい物質です。

太陽笑顔fufufu..net」より引用

「アディポネクチン」は言ってみれば健康的なスタイル維持の強い味方なのです。そして。そんな物質を生み出す「脂肪」も身体にとっては必要ということ。

ただし、あまりに内蔵脂肪が増えてしまうと、「アディポネクチン」は減ってしまうそうなので、あくまでも「適量に保つ」のが大切です。

対策としては、適度な運動と、下記のように、「アディポネクチン」を増やすのに効果的な食品や栄養素を一緒にとるのがおすすめです。

・豆腐や納豆をはじめとする大豆食品に含まれるベータコングリシニン

・わかめ、ひじきなどの海藻類に多い食物繊維

・さんまや鯖などの青魚に豊富なEPA

また、りんご、ぶどう、トマト、ピーマンといった果物や野菜からアディポネクチンと似た構造を持つ物質が含まれているので、これらも適度に摂るのが◎。

そもそも女性は、妊娠、出産のためのエネルギー備蓄体質にあり、無理に痩せようとすることは自然の摂理に反します。あまり神経質にならず、適度な脂肪を味方につけて健康的な身体を目指したいです。

太陽笑顔fufufu..net

(力武亜矢)

Photo by PIXTA.
swiper-button-prev
swiper-button-next