特集
カテゴリー
タグ
メディア

面接で不採用になった時、理由を探るための方法

面接で不採用になった時、理由を探るための方法

求人の募集要項に対して自分が最適な候補者だという自負があり、なおかつ面接も相当上手くいったと思っていたのに不採用になった時は、本当にがっかりするものです。誰が受かったのかを詮索するという手もありますが、てっとり早いのは雇用主に直接聞くことでしょう。キャリアエキスパートのHeather Huhman氏は、次回に役立つフィードバックをもらうのに重要なことは、自分のスキル向上を目的とした具体的な質問をすることであるとLinkedInに書いています。

たとえばこんな風に話し出してみては? 「自分が選ばれなかったことには大変がっかりしたけれども、会社の事業にはまだまだ興味があり、プロフェッショナルとして成長してゆく機会が欲しい」と。そして、以下のような具体的な質問をしてみるのです。

  • 私が特に磨くべき点はありますか。
  • これからの面接で効果的に印象を付けるには、どうすればいいでしょうか。
  • 私が一番よかった点はどこでしたか。
  • 私に何かアドバイスしていただけることはありますか。

このような質問の方が「どうして私が選ばれなかったんですか」というような直接的なものより、答えを引き出しやすいでしょう。

また、彼女によると、面接に落ちた後に礼状を送ることも、次回の求人の候補者としてみなしてもらうには効果的だそうです。

Check out the post on LinkedIn for more post-job-rejection advice.

How to Find Out Why You Didn't Get the Job | LinkedIn

Melanie Pinola(原文/訳:コニャック

Photo by shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next