特集
カテゴリー
タグ
メディア

水分摂取量を増やす方法

水分摂取量を増やす方法

Pick the Brain:健康でいるためには、水分をたっぷり取る必要があることは誰でも知っています。それなのに、どうして推奨されている1日の水分摂取量を飲むのにこれだけ多くの人が苦労しているのでしょうか。

水のボトルに定期的に水を補充するのを忘れてしまうせいか、単に水を飲むのが嫌なのかはわかりませんが、必ず十分なH2Oを摂取できる方法があります。水の摂取量を増やすためのお手軽な方法をいくつか集めてみました。飲み物に風味をつけて、1日中しっかり水分補給しましょう。

H2O(水)の利点

肌の透明度を高くすることから、頭痛を軽減することまで、たっぷり水を飲むことの利点は数えきれません。脱水症状を防げるだけでなく、規則的な水分摂取を維持すると、1日を通してキビキビと活発な状態でいられます。人によって推奨される水分消費量は異なりますが、1日にとるべき水の量は、およそ体重1kgにつき50mlが理想とされています。

風味を足す

「水に味はあるか?」というのは古くからある議論です。水に味は無いという人もいれば、風味はあって、単にそれが好みではないだけだと主張する人もいます。どちらの意見に肩入れするにしても、コップ1杯の水を誰もが飲みたくなるように変えてしまう方法があります。そして、水に風味を加えるのは、時間もお金もかからない方法です。

水出し:瓶を水で満たし、そこに好みの果物を入れます。冷蔵庫で1晩おいて、果物から美味しい風味が水にしみ出るようにしましょう。

風味づけしたアイスキューブ:爽やかな香りがはじけるようにしたいなら、果物を賽の目に切り、1晩かけて冷凍させましょう。それから、それを飲み物に入れると、よだれが出そうなほど美味しい味になります。

フルーツジュース:急いでいるときは、無糖のフルーツジュースを水に数滴入れると、たちまち良い香りが立ち上ります。

美味しいレシピ

果物を水に入れて風味を抽出したオリジナルドリンクの良いところは、自分の好きな物を何でも入れられることです。しかし、万が一アイデアが湧かずに悩んでいる人がいる場合に備えて、好まれるレシピを集めてみました。

オレンジとブルーベリー:ブルーベリーをひとつかみとオレンジの房をいくつか水に入れて、冷たくなるまで待つ。これぞ夏の味覚です。

ラズベリーとイチゴ:ベリー類が好きなら、1晩ベリーを冷凍庫で凍らせてから飲み物に入れるましょう。氷のように冷たい、フルーティな至福の1杯になります。

キュウリとミント:この季節はグリーンで行きましょう。キュウリとミントという涼しい組み合わせを水に入れると、即席清涼飲料水のできあがりです。

レモンとライム:人工甘味料を使わずに本物の柑橘のパンチが欲しいなら、薄切りにしたレモンとライムを水の中に入れましょう。

職場での水分補給

1日の大半を職場で過ごすなら、仕事のある日の水分摂取について考えなくてはいけません。気が散ってデスクから立って水を飲みに行ったり、水分補給を維持するのを忘れたりするのは簡単です。しかし、これでは実際に脳の活動と生産性を低下させてしまいます。

職場のウォータークーラーはいくらでも水が飲める素晴らしい方法ですが、もし自分のオフィスには無いという場合でも、がっかりしないでください。自宅から大きな水筒を持ち込んで、1日の仕事が終わるまでに全部飲み切ることにしましょう。自分の水分摂取に責任を持ち、推奨されている1日分の水分摂取量を必ず取るようにすると、精神的にも肉体的にも良いことがあります。

だから、ぐずぐずしていることはありません。今すぐ大切な水分補給への第一歩を踏み出しましょう。H2O万歳!

Give it Some Flavor: How to Increase Your H2O Intake | pickthebrain.com

Damien Higgins (原文/訳:春野ユリ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next