特集
カテゴリー
タグ
メディア

イギリス警察が9万人のフェス来場者の顔をスキャンして犯罪者捜索に利用

イギリス警察が9万人のフェス来場者の顔をスキャンして犯罪者捜索に利用

Popular Science:イギリスで毎年開催されているミュージックフェス「ダウンロード・フェスティバル」にて、イギリス警察が犯罪者の捜査のため、9万人の来場者の顔をスキャンしました。その後すぐに全員分消去したそうですが...。レスターシャー州で先週開催されたこのフェスには、メンバーの不気味なマスクで有名なSlipknot、最新アルバム『Drones』を発表したMuse、象徴的なメーキャップのKISSがメインで登場しました。BBCによれば、レスターシャー州警察は「公開済の犯罪者」を検知するため、顔認識ソフトを使用。フェス参加者の顔をスキャンし、犯罪者のデータと照合したのです。

コンサートで監視テクノロジーを使用したのはレスターシャー州警察が初めてではありませんが、ダウンロード・フェスティバルはこれまででは最大規模です。サイト「Dig Boston」によると、2013年のBoston Calling festivalにて、ボストン市が人間を解析するソフトウェアのテストをしたそうです。このソフトウェアは、動画の中の人々を追跡し人物を特定するため、皮膚の色やシャツの色、その他の要素に合致する映像を調べるものです。公共の場でのプライバシーは、自宅にいるときほどは求めていないとしても、やはり落ち着かない感じがします。

さらに、レスターシャー州警察が直面したのは、イベント後に映像をどうすべきか、という厄介な問題です。公的記録の作成について定める規則が、安価で常時利用可能なカメラで何千時間もの監視映像を収集できる今の時代に、追い付いていないのです。米国では、収集後に政府がその映像をどう処理するのかが、議論の的となっています。幸いなことに英国警察はデータを保管していませんが、消去した理由がコンサート参加者の情報保護のため消去なのか、もしくは写真を収集したことに関する抗議に対応したのかは不明です。

British Police Scanned 90,000 Concert Goers' Faces | Popular Science

Kelsey D. Atherton(訳:コニャック

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next