特集
カテゴリー
タグ
メディア

コワーキングスペースで働くと幸せになるという調査結果

コワーキングスペースで働くと幸せになるという調査結果

誰だって今よりも幸せになりたいです。幸せになるための方法は、精神科医やセラピストに通うことから、5分間の瞑想を実践することまで、数え切れないほどあります。しかし、仕事で感じる幸せを増やす1番簡単な方法は、働く場所を変えることです。

最近開催された、コワーキングコミュニティのカンファレンス「Global Coworking Unconference Conference(以下GCUC)」で、次のような研究結果が発表されました。GCUCとOffice Nomads、Emergent Researchによる調査では、北米の約700人のコワーキングスペースで働く人たちを対象に、共同で働くことの精神的な恩恵についてアンケートを採りました。その結果、スペースを共有することの影響について、かなり印象的な結果が浮かび上がりました。

  • 回答者の84%は、コワーキングをすることでよりやる気が出て仕事に没頭できると答えました。
  • 回答者の89%は、前より幸せになったと答えました。
  • 回答者の83%は、孤独を感じることが減ったと答えました。
  • 回答者の78%は、コワーキングによって健全さを保てていると答えました。

このような数値に調査をしていた研究者たちも驚き、Cat Johnsonさんはブログ「Shareable」で、「コワーキングでの仕事について調査をしていたにも関わらず、コワーキングの社交性や学習に関する一面が明確に浮かび上がった」と報告しています。Emergent Researchのパートナー・Steve Kingさんは、「正直に言って、この結果に少し驚いた」と書いています。

89%もの人が何かに同意するというのは衝撃的ですが、人と一緒に働くことで孤独を感じにくくなるというのは、そこまで驚くようなことではありません。それでも、日課や働く場所を変えるだけでも幸福レベルにかなりの影響がある、ということを思い出させてくれるいいデータです。劇的に何かを変えて無理をする必要はありませんが、変化を求めず安住するのは止めましょう。(研究によって立証されている幸福の原則でもあります)

もちろん、すべての自営業者が職場を共有するメリットを受けられるわけではありません。たとえば、お店のオーナーや歯医者さんは、都心のお洒落コワーキングスペースで仕事をするのは無理でしょう。しかし、ノートパソコンとネット環境があれば仕事ができるようなフリーランスやデスクワークの人は、毎日どこかに行って仕事をするということを考えても良さそうです。コワーキングスペースで仕事をしてみてはいかがですか?

This Small Change to Your Work Routine Will Make You Happier|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next