特集
カテゴリー
タグ
メディア

イチゴが新鮮で長持ちするちょっとした3つのルール

イチゴが新鮮で長持ちするちょっとした3つのルール

イチゴはとても柔らかい果物で、気をつけなければすぐに腐ってしまいます。イチゴをできるだけ長く日持ちさせるには、次のルールを守るだけです。

後で調理用に保存するにしても、帰宅したらすぐに食べる場合でも、The KitchenのKelli Dunn氏はこれからご紹介する"イチゴ・ルール"をお勧めしています。

1.イチゴを洗うのは食べる前だけにする。

イチゴは水分を吸収して形が崩れたり、カビが生えることもあります。

2.ヘタはついたままにしておく。

できるだけ長く付いたままの状態にしておきましょう。

3.カビの生えたイチゴは取り除く。

カビの生えているイチゴを見つけたら、それ以上カビが広がらないように捨てましょう。

この3つのルールを守ると、イチゴが長持ちするようになりますが、1週間以上食べないときは冷凍庫で保管しましょう。イチゴを保存するタイミングと場所についての詳細を知るには、下のリンクをご覧ください。

The Best Ways to Store Strawberries | The Kitchn

Patrick Allan(原文/訳:コニャック)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next