特集
カテゴリー
タグ
メディア

洋酒のプロに聞いた、今オススメのウイスキーとぴったりな飲み方

洋酒のプロに聞いた、今オススメのウイスキーとぴったりな飲み方

今、若い世代でウイスキーの人気が高まっているのをご存知でしょうか? テレビドラマ「マッサン」の影響もありますが、ヨーロッパでもジャパニーズウイスキーが注目されるなど、「ウイスキー熱」は日本だけの話ではないのかもしれません。アルコール度数の高さや、オークの独特な香りといった要素から最初は飲みにくいと感じるかもしれませんが、慣れれば奥深さに気づくようになります。それに、ビールと比べてカロリーや糖質が低いので、健康志向の人にとってもピッタリのお酒と言えます。

では、実際にウイスキーを飲んでみるなら、何ががオススメなのでしょうか? 今回は情報満載の食メディア「FOODIE(フーディー)」より、オススメのウイスキーを3つご紹介します。

安心して飲める「アイル・オブ・アラン」

150629wiskey1.jpg

まず紹介するのが、スコットランドで作られた「アイル・オブ・アラン」。丁寧に作られたシングルモルトで、いろんな飲み方にも対応しているのでプレゼントにもぴったり。伊勢丹新宿店「グランド カーヴ」の洋酒担当、八木香さんは自身の舌で確かめたうえで次のように語ります。

ぜひ試してほしい 『飲みどころ』は、ストレート+水を数滴という組み合わせ。まずはそのまま香りや余韻を楽しんだ後、水を1、2滴垂らすと、パッと開くシトラスの華やかな香り......。この変化は、本当に見事です!

黒胡椒が合う、新感覚の「タリソー」

150629wiskey2.jpg

次に紹介するのが、スコットランドのスカイ島で作られる「タリスカー」。なんと、黒胡椒が合うウイスキーなんだとか。

ハイボールの『タリソー』にブラックペッパーを振りかけると、タリスカーの持つ潮気と辛みがマッチして味がキリっと締まり、さらにおいしくなります。飲み慣れたハイボールとの違いを感じてほしいですね。

バランスのとれた国産ウイスキーの「繋(つなぐ)」

150629wiskey3.jpg

最後に紹介するのは、国産ブレンデッドウイスキーの「繋(つなぐ)」。長野県の信州マルス蒸留所で作られる一品です。

スッキリとした香りとまろやかな熟成感が両立した、日本人向きの味わいです。お土産として海外の方にも人気があるんですよ。

ウイスキーの楽しみ方は、ブランドだけでなく飲み方にもあります。せっかくのウイスキーだから、おいしい飲み方を知っておきたいところ。下の元記事には、ロック、ハイボール、ミスト、といった飲み方について詳しく紹介されています。ぜひ合わせて読んでみてください。

晩酌がランクアップ! 父の日に贈る「ウイスキー+飲み方」の新提案|FOODIE(フーディー)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next