特集
カテゴリー
タグ
メディア

機内持ち込み用サイズのカバンに、上手にシワをつけずに服を収納する方法

機内持ち込み用サイズのカバンに、上手にシワをつけずに服を収納する方法

旅行中の荷物を軽くしたいと誰もが思っていますが、機内持ち込み用のカバンはすぐに一杯になってしまいます。すべての衣服にシワを付けずかばんに収納するには、服をたたんで1つにまとめてみましょう。150615one_carry2.jpg

コツは、服一式分を一緒にたたむというよりは、持っていくすべての衣服を一緒にたたむこと。男性向け情報サイト「Primer Magazine」の編集部員たちは、2~3のステップで1週間分以上の荷物を1つのカバンに収納しました。こちらがその方法です。

カバンのサイズを目安として、カバンの端にズボンのウエスト部分を合わせて置きます。ズボンをもう1本手に取り、反対の端にウエスト部分を合わせて並べます。これを繰り返しズボンを全て並べたら、次はシャツに取り掛かりましょう。

150615one_carry3.jpg

ズボンの上に今度はシャツの襟を合わせて並べます。シャツをもう1枚とって重ねます。シワを防ぐためにも、襟は立てておきましょう。この方法ですべての服を重ね終えたら、次はたたみはじめましょう。

150615one_carry4.jpg

手前の端から上に向かってシャツをたたみます。シャツの袖も一緒に折りたたみながら、衣服が1つの大きなまとまりになるまで、たたみ続けます。

それから、靴や洗面道具はカバンの底に入れ、その上に服のかたまりを入れます。大変な作業のように思えるかもしれませんが、おそらく作業量としては今までと変わらないでしょう。

当然のことながら、荷物の量や持っているバッグの大きさによって、この方法がうまくいくかどうかは変わってきます。ちなみに、私はできるだけ服を持って行かずに、洗濯機と乾燥機のあるホテルを予約して旅行するのが好きです。

Pack Like a Pro: Learn How We Got All This into ONE Carry-on | Primer Magazine

Kristin Wong(原文/訳:コニャック

swiper-button-prev
swiper-button-next