特集
カテゴリー
タグ
メディア

5年以内に死亡する確率がわかるサイト

GIZMODO

5年以内に死亡する確率がわかるサイト

ギズモード・ジャパンより転載:「自分はあと何年生きられるのか?」。気にならない人はいないと思います。死亡率を著しく高める危険因子は既にいくつか特定できています。たとえば喫煙、運動不足、高いBMI。これはいずれも早死の危険を高めることが実証されています。

これまでの研究では、危険因子を1度に1個調べるスタイルのものが大半で、しかも被検者の人数も普通は限られていました。しかし、今月医学誌「ランセット」で発表された論文によると、この種の研究としては初めて、多くの危険因子を大人数で調べ、それをもとに英国の40~70歳の人が誰でも5年以内に死ぬ確率を計算するのに使えるツールが開発されたとのこと。このツールではさらに、当人の健康状態が英国の同性の何歳並みかを示す「Ubble年齢」もわかります。

5年以内に死亡する確率とUbble年齢を知りたい方は、Sense About Scienceと共同で開発されたこちらのサイトでどうぞ。簡単な質問にいくつか答えていくと、最後に死亡する確率とUbble年齢が表示されます。

詳細は、下記サイト「ギズモード・ジャパン」の記事でご覧ください。

5年以内に死ぬ確率がわかるサイト : ギズモード・ジャパン

Erik Ingelsson and Andrea Ganna - Gizmodo US[原文

(satomi)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next