特集
カテゴリー
タグ
メディア

休暇明けにスムーズに仕事を再開するための4つのアイデア

休暇明けにスムーズに仕事を再開するための4つのアイデア

Inc.:長期休暇は最高ですよね。ただ、休暇が終わって会社に戻った時に、溜まったメールや仕事を前にすると、逆に疲れてしまいます。だからこそ、休暇前に駆け込みで仕事を終わらせる人は多いです。

しかし、少しの時間と事前の準備があれば、リゾートのビーチでくつろいでいる気分そのままに、仕事に戻ることができます。ウェブメディア「Inc.」のライター陣のアイデアを参考にすれば、休暇だけでなく、休暇明けの月曜日も楽しく始められるでしょう。

1. どの程度仕事をするか決めておく

ネットも電話もつながらないようにするのは、それでストレスや不安を感じないのであれば最高のアイデアです。今仕事でどんなことが起こっているのか知っていた方が安心できる人は、たまにはメールや留守電をチェックした方がいいでしょう。そうしないと、一緒にいる人が休暇を楽しめなくなるかもしれません。休暇の前に家族(もしくは同行者)と話し合って、旅行中にどのくらいメールや留守電のチェックをしたり、簡単な仕事を終わらせたりしそうか、お互いが納得できる程度の頻度や時間を決めておきましょう。それ以上のことをしなければ、休暇明けもかなり楽になるはずです。(Kevin Daum)

2. すべての仕事を終わらせる

私は、休暇前は仕事を残さないように必死で働きます。例えば、明日からニューヨークに数日間行くという場合は、終わっていない仕事や自分に割り当てられた仕事は、すべて終わらせるように集中します。まずやるのは、仕事のToDoリストをつくることです。その後ひとつずつチェックして終わらせていきます。必要であれば徹夜してでも終わらせます。(Peter Economy)

3. 万全の準備をしておく

旅行に行く前に、やっておきたいこととやらなければならないことのチェックリストをつくります。旅行の数週間前からはじめてください。そうすれば、最後まで先送りしそうになる誘惑に負けずに済みます。毎日時間を決めて終わっていない仕事に対処し、上司や雇用主に最新の情報を伝え、クライアントの要望をきちんと満たすために連絡します。これは休暇前にわざわざ時間を使うだけの価値のあることです。休暇から戻ってきた時に仕事がなくなっている心配もありません。(Marla Tabaka)

4. 休暇前に締め切りを設定する

お盆やゴールデンウィークのようにあらかじめわかっている休日も含め、休みの前の週に仕事が終わるように計画を立てます。仕事の締め切りが終わり、新しい仕事を始めるにはためらわれるタイミングなので、休日は旅行や休息にあてられます。また、長期間どこかに旅行する計画を立てている場合は、緊急案件に対応するために、少なくとも1日1回は決められた時間にメールのチェックをします。できるだけ多くのメールを、代わりに対応できる人に転送されるように設定しておきます。長期休暇は、自分のチームがどれくらい自分の仕事にも対応できるかがわかる良い機会です。(Eric Holtzclaw)

4 Great Ways to Prepare for Your Vacation (and Be Happy Upon Return)|Inc.

Kevin Daum(訳:的野裕子)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next