特集
カテゴリー
タグ
メディア

LinkedInが教える「いい感じのプロフィール写真」を自撮りするコツ

LinkedInが教える「いい感じのプロフィール写真」を自撮りするコツ

インターネット花盛りの現代では、オンラインからさまざまなチャンスが広がることも少なくありません。『LinkedIn』の調査によると、オンライン上のプロフィールに顔写真があると14倍多く見られるそうです。でも、いい感じのプロフィール写真を撮るにはそれなりのコツがあります。今回は、その『LinkedIn』が教える、「いい感じのプロフィール写真を自撮りするコツ」をお届けします。

自撮りする際に気をつけておきたいこと

プロフィール写真は、あなたの第一印象を決める大事なもの。でも、カメラマンがいなくても大丈夫です。このガイドを参考に、「ビジネスでも通用する」プロフィール写真の自撮りに挑戦してみましょう!

20150525-linkedin-2.jpg

背景を確認すること

撮影場所は無地でクリアな背景の前で。なんといっても見てもらうべきは、あなたの顔なのですから。

20150525-linkedin-3.jpg

自然な光の中で撮影する

自然光で撮りましょう。フラッシュだとどこかキツイ印象になったりしますよね。

20150525-linkedin-4.jpg

角度を意識する

上目線に、小顔効果あり! そんなの常識?

20150525-linkedin-5.jpg

よいカメラで撮影する

自撮りだからって手を抜いてはいけません。品質のよいカメラを使ってください。iPhone 6なら、おそらく十分でしょう。

20150525-linkedin-6.jpg

真正面を向かない

真正面を向かずに、瞳は少し斜めにキープ。ほら、なんとなくナチュラル。

20150525-linkedin-7.jpg

服装を確認する

TPOは大切です。プライベート写真と混同しないこと。ビジネスシーンに合った服装をしてください。

20150525-linkedin-8.jpg

キメ顔をしない

キメ顔は禁止! 照れてないで、自然な笑顔で撮りましょう。内輪ウケは要りません。

20150525-linkedin-9.jpg

まとめ

最後に、プロフィール写真自撮りテクニックのまとめ7項目をおさらい。

20150525-linkedin-10.jpg

自撮りが苦手だという人も、以上のポイントを抑えれば、素敵なプロフィール写真が撮影できるはず。さあ、あなたもやってみましょう!

LinkedIn プロフィール写真自撮りガイド|LinkedIn Japan

(伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next