特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのキーボードで気に入るものがないならWindows用を使えばいいじゃない

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macのキーボードで気に入るものがないならWindows用を使えばいいじゃない

Macをお使いの皆さん、キーボードは何を使っていますか?

Apple純正のキーボードでしょうか? それとも、Logicoolのキーボードでしょうか? 共に良いキーボードをリリースしていますが、Windowsと比較するとMac用のキーボードは選択肢がありません。

一方で、Windowsには、ユニークかつ実用的なキーボードがあります。たとえば、LenovoのThinkPad Bluetoothワイヤレスキーボードは、キーボードに加えてトラックポイントと呼ばれるポインティングデバイスがあり、ホームポジションから手を動かさずにマウスカーソルが操作できます。

また、MicrosoftのSculpt Ergonomic Desktopは、先進のエルゴノミクス理論に基づく分割キーボードで、手首と前腕を無理のない位置に保ってタイピングができます。

問題なく使えますよ

これらのキーボードはWindows用です。Macユーザーは指をくわえて見ているだけなのか?と言えば、そうではありません。先で取り上げたキーボードであればMacでも使えます。

Thinkpad Bluetoothワイヤレスキーボードは、システム環境設定のBluetoothでペアリングをすれば、キーボードだけではなくトラックポイントも使えます。Sculpt Ergonomic Desktopは、通信用のドングルをUSBポートに差し込むだけで、面倒な設定は一切必要ありません。どちらも特殊キーを除けば刻印どうりキーが打てます。

150524_kb02.jpg

我慢を強いられるところもある

いずれもWindows用なので、いくつか我慢しないといけないことがあります。

たとえば、Mac特有のcommandキーは無く、Windowsが代替のキーとなります。また、ファンクションキーも刻印どおりに使えない場合がほとんどです。その他、ドライバーで実現している機能も使えません。たとえば、ThinkPad Bluetoothワイヤレスキーボードは、ミドルボタンを押しながらトラックポイントを操作するスクロール機能が使えません。

我慢を強いられる部分をどう捉えるかですが、好みのキーボードが使えるならば些細な問題です。私は、iMac 27インチとMicrosoft Sculpt Ergonomic Desktopの組合せで使っていますが、使い勝手が良くてとても気に入っています。もっと早く試せば良かったと後悔しているほどです。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next