特集
カテゴリー
タグ
メディア

先進性、独創性、実用性が試されるアプリ開発コンテスト「IBM Bluemix Challenge 2015」

MugendaiMugendai

先進性、独創性、実用性が試されるアプリ開発コンテスト「IBM Bluemix Challenge 2015」

IBMが毎年実施している「IBM Bluemix Challenge 2015」というイベントをご存知でしょうか? このイベントは、アプリ開発のためのクラウドプラットフォーム「Bluemix(ブルーミックス)」を利用してアプリやサービスを作るコンテストです。必要なのはアイデアとスキル、そして時間だけ。今回は、ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事よりこのイベントの詳細を簡単にご紹介します。

2つの部門に分かれ、それぞれのテーマで競う

「IBM Bluemix Challenge 2015」が開催されるのは今年で2回目。今回は、一般部門と学生部門の2部門に分けて作品を募集するそうです。

一般部門のテーマは「身近なものから未来に向けた新しいビジネスやライフスタイルの創出まで、斬新なアイデアを具現化するために、さまざまなAPIを組合わせ、活用したアプリ開発」。

学生部門のテーマは「インターネットに常時接続可能なコネクテッド・ビークルまたは自動車向けモビリティ・アプリの開発」です。

また、「IBM Bluemix Challenge 2015」のサイトでは、作品の審査ポイントとして以下の基準があります。

ユースケース・機能がユニークで社会的課題を解決するのに役に立っている。

先進性、独創性、実用性が高いもの。

ちなみに、去年の最優秀賞は「BLUECOUPON (ブルークーポン)」と呼ばれるiPhoneや iPadにQRコード付きクーポンを送信するアプリでした。最優秀賞以外にも賞がいくつか用意されています。下のリンクから確認してみてください。

斬新なアイディアで勝負!「IBM Bluemix Challenge 2015」参加者募集中!|Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next