特集
カテゴリー
タグ
メディア

罪悪感なしで満腹感を得るには「この野菜」を食べるべし

罪悪感なしで満腹感を得るには「この野菜」を食べるべし

人生には逃れることができないものが3つあります。「死」、「税金」、そして「ダイエット中の空腹感」です。しかし、食べてお腹を膨らませると、お腹がグウグウ鳴るのをくい止めることができます。サイト「Examine.com」では、胃を膨張させると食欲が抑えられる理由について論じています。

体は食欲を抑制するさまざまなペプチドとホルモンを分泌します。受容器官の一種で機械的受容器と呼ばれるものが胃腸にあり、それは細胞組織を拡張する以外にはどんな分子によっても活性化しません。ということは、どんな方法であれ胃を膨張させれば食欲が抑えられるということです。

腸でかさばる低カロリー食品を食べるのは、もっと食べたいという衝動を抑えながらカロリー摂取量を制限するには良い方法です。水分含有量の多い野菜は食べた後でどんどんしぼみますが、水溶性繊維を多く含む食べ物は胃の中で「ゼリー状」になり膨張します。セルロースを多く含む野菜や不消化炭水化物も同じように腸で膨らみます。

それではどうやってこれを実践したらいいのでしょうか。ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、アスパラガス、コラードグリーン、ケール、カリフラワーなどこちらの「ゼロカロリーに近い食品リスト」に載っているものを食べて空腹を満たしてください。

Three Science-Base Steps to Curbing Your Appetite |Examine.com

Dick Talens(原文/訳:春野ユリ)

Image by whologwhy.
swiper-button-prev
swiper-button-next