特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホの電池が3割延命? 電波から充電できるスマホケース

タブロイド

  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホの電池が3割延命? 電波から充電できるスマホケース

タブロイドより転載:通信速度が落ちないか心配ですが...。LTEやWi-Fi、Bluetooth(ブルートゥース)などの電波を電力に変換することで、バッテリーの持ち時間を延長するスマホケースが海外で開発中です。こちらの公式ページからどうぞ。

電波を電力に変換! というとものすごい技術のように聞こえますが、基本的な原理は「置くだけ充電」に使われるQi(チー)などと一緒ということです。

150511_niko_01.jpg

とはいえ、LTEを含めそこらじゅうを飛んでいる電波から電力を作り出す、というのはすごいですね。スマホ自体に内蔵されるべき機能じゃないかと思います。

生み出せる電力は小さい

もっとも、Qiなどに使われる電磁誘導と違い、通信用の電波から生み出せる電力は小さなもの。IT情報メディアの「Engadget」によると、最大でも「iPhone 6」のバッテリーを30%延命できる程度ということです。

ムダのないシステムに見えて、普通のバッテリー内蔵ケースに比べるとムダの多いシステムになってしまっていますね...。しかし、重さなど含め、実際に使ってみれば実は便利なものなのかもしれません。

特に、そこら中にWi-Fi電波が飛び交いまくっているような環境なら、あらゆる電波を吸収してかなりのエネルギーを生み出してくれるのかも。ぜひ一度、試してみたいケースですね。

通信速度への影響は?

一つ本商品で心配なのは、通信速度への影響です。LTEの電波を電力に変換しているときなど、通信品質が落ちたりしないのでしょうか。あくまでも、余分な電波だけを電力にしているだけ...ということなのかもしれませんが、少し気になるところです。

逆に、Wi-Fi接続時であれば、LTEの電波を気にせずガンガン電力に変換できるはず。条件次第で、生み出せる電力が変わってきそうですね。本商品は6月に出資の募集を開始し、秋ごろに商品化を目標にしているということです。価格は99ドル(約1万2000円)程度を予定しています。

Nikola Labs[via Engadget Japanese]

(コンタケ)

swiper-button-prev
swiper-button-next