特集
カテゴリー
タグ
メディア

メモや文書をスマホでスキャンしてOffice形式に変換

  • カテゴリー:
  • TOOL
メモや文書をスマホでスキャンしてOffice形式に変換

文書やメモのスキャンアプリは以前からありましたが、Microsoftは自社だけが提供できる強みを引っ提げて、競争に参入することを決定しました。その強みとは、「Office」との連携の良さです。

『Office Lens』と呼ばれるこの新しいアプリは、「どの角度からも」(とはいっても、できるだけ真正面の映像を狙うべきでしょう)文書をスキャンでき、自動でパース修正、トリミング、ノイズ除去を実行します。またOffice Lensは名刺から連絡先を抽出するといった他のOCR機能も備えています。

Office Lensは、JPEGやPDF形式、あるいは「Word」や「Powerpoint」のようなOffice向けのソフトに対応したものをふくむ、さまざまなファイル形式でメモをエクスポートできます。

また、Powerpointの場合には、いくつかの追加機能があります。たとえば、Powerpointの形式でメモを保存すると、このアプリは手書きの絵やテキストを、個別に配置可能なオブジェクトとして保存してくれます。それに、すべてのスキャン結果を「OneNote」や「OneDrive」に直接エクスポートすることもできます。

Officeとの連携により、Office Lensは類似のOCRスキャナーに比べて優位に立っているといえるでしょう。iOSでは今すぐ利用できますが、Androidユーザーがプレビュー版のアクセス権を得るには、ベータテストに参加する必要があります。

Office Lens|iTunes App Store

Eric Ravenscraft(原文/訳:コニャック

swiper-button-prev
swiper-button-next