特集
カテゴリー
タグ
メディア

Apple Watchの充電アダプタは、iMacのスタンドに固定すると使いやすい

Apple Watchの充電アダプタは、iMacのスタンドに固定すると使いやすい

嬉しいことに、Apple Watchを発売日に入手できました。これのために空けてあった左腕に着けて、使い込みはじめています。

使ってみて「何とかしたい!」と感じたのは充電でした。充電アダプタはマグネット式で付けられますが、重量がなく机の上などに固定できません。机の上の適当なところに置いて、ケーブルを引っかけようものなら、腕時計ごと机の下に落ちてしまいます。

Apple Watch Sportは、2メートル以下の落下でディスプレイが粉々になるとの話もあるので、対策を講じるに越したことはありません。トラブルが防げて充電アダプタも固定できる手軽な方法をご紹介します。

iMacのスタンドに貼り付ければいいのでは

私は、フックを壁に貼り付ける両面テープを使って充電アダプタを固定しています。私が使ったのは、「3M コマンド タブ(はがせる両面粘着)SSサイズ」です。

150425_applewatch03.jpg

これを充電アダプタに付けて、机の上の適当な場所に固定します。使いはじめは、机の端に充電アダプタを固定していましたが、iMacのスタンドの上にアダプタを固定する方が、引っかけて落とすこともなく納まりが良いので、ここをキャンプ地としています。

150425_applewatch02.jpg.jpg

充電アダプタの場所を変えたくなった時も、コマンド タブであれば綺麗に剥がすことができるので簡単に場所が変えられます。充電スタンドを買うのもひとつですが、ひと工夫するのも楽しいものです。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next