特集
カテゴリー
タグ
メディア

「サンデーナイトブルー(日曜夜の憂鬱)」をやっつけて週末をもっと楽しむ方法

「サンデーナイトブルー(日曜夜の憂鬱)」をやっつけて週末をもっと楽しむ方法

楽しいことが終わるのは悲しいものです。だから日曜はちょっと落ち込んだ気分になる人が多いのです。月曜日がじわじわと忍び寄ってきていることにふと気づき、何となく嫌な気分になり始めます。たとえ今の仕事が好きでも、その不安は日曜日をダメにしてしまうことがあります。今週末はあらかじめ予定を入れてそんな日曜日の憂鬱を未然に防ぎましょう。

何か楽しい予定を入れる

150330sundaynightblues2.jpg

『Breaking Bad』は素敵なドラマですが、私がこれを楽しみにしている理由の1つは日曜の夜であることを忘れさせてくれるからです。日曜の夜に何か楽しい予定を入れると翌日の仕事のことや平日にしなければならないいろいろなことから気持ちがそらせます。週末を延長しているような気分になります。

でもテレビを見るよりもっと活動的なことを考える人もいるかもしれません。研究者のCassie Mogilner氏はReal Simpleというサイトで積極的なレジャーは人の幸福感を高める」と述べています。

日曜日の夜に友人と出かける予定を入れるとか、誰かを夕食に招いたり実家を訪れたりしてはどうでしょうか。週末が終わる、という事実から気持ちをそらしてくれるものなら何でもいいのです。もちろん、楽しい活動だけを単体で予定してもいいですが、社交的なことをする方が準備になるでしょう。

ボランティアをしてみるのもいいでしょう。ボランティアをすると幸せになれます。目的意識とコミュニティの意識を感じて、このような形で何かに一生懸命になると日曜日の憂鬱を忘れられます。

金曜日に月曜日の仕事の仕込みをする

150330sundaynightblues3.jpg

日曜日から月曜日に移るとイラッとすることがあります。そのため、金曜日に仕事を終える前に少し準備をしておきましょう。あらかじめスケジュールを立てて月曜日の作業を組んでしまうのです。こうすれば、月曜日にどんな仕事をするかわかっているので週末は余裕を持って過ごせます。月曜日の計画が立ててあると、平日の仕事に戻るときのショックが和らぎます。

同様に、日曜日に少しだけ仕事の予定を入れることがあります。たいていは直ぐにできて気を遣わなくてもいいような仕事です。そんなに骨が折れるようなものではいけれど、週末が終わるとき少し自信を感じられるような仕事です。日曜日の夜に仕事のEmailのチェックのような単純なことをすると月曜日の朝から仕事がたまっているということにはなりません。これは全てのタイプの性格に効果があるわけではありませんが、月曜日があまりにも大変そうなので憂鬱になってしまうなら、ちょっとやってみてください。週末に仕事をするのは直観に反するように見えるかもしれませんが、ほんの少し準備すると気持ちが楽になって残りの日曜日をずっと楽しく過ごせるかもしれません。

雑用は土曜日にする

150330sundaynightblues4.jpg

同じようにして、日曜日には何か楽しいことを予定するといいのですが、楽しくないことはしないようにするのもいいことです。

楽しい活動は土曜日に予定して、雑用や義務は日曜日に残しておくことが多いものです。今そうしているなら、土曜日にすることと日曜日にすることを交換してみてください。雑用をすると日曜日はもっと台無しになってしまうからです。

さらに、そういう面白くもない活動は土曜日にするならそこまで悪くないかもしれません。土曜日ならもっと気分がいいので、雑用も新鮮な見方ができるかもしれません。Real Simpleでもこんなふうに言っています

例えば、隠居生活をしている親戚を訪ねるにしても、気分が落ち込んでいるときだと憂鬱になってしまいますが、イキイキした土曜日の朝の精神状態でその親戚に会えば、昔の思い出に花が咲くことでしょう。

これで、日曜日にはずっと機嫌よくなれます。

月曜日にミーティングを入れない

150330sundaynightblues5.jpg

月曜日の朝はたっぷり仕事が積み上がっているので、それ以上増やさないようにしましょう。自分のスケジュールをコントロールできるなら、月曜日の仕事は控えめの日にするようにしましょう。あまりに高度なことや骨の折れるものはスケジュールに入れないことです。恐らく金曜日から週末にかけて既にたくさんのことをこなしていかなければならないからです。

もちろん、自分は生産的だったと思いながら月曜日を終えることもあるかもしれません。その場合はもっと仕事を入れてもいいでしょう。しかし月曜日はプロジェクトやミーティングやこなさなければならないさまざまなことでパンパンに詰まっているとわかっていると日曜日の不安はさらに深刻になってしまいます。

もしかしたらあなたには本当に好きな作業があるかもしれません。その場合は、その作業を月曜日にするようにスケジュールを組んでください。そうすれば、ミーティングやいつもの忙しい仕事以外に何か楽しみに思えるものができます。

もっと根深い問題がないか考える

150330sundaynightblues6.jpg

日曜日に不安になるのにはもっと深い理由があるかもしれません。たいていの人にとって、日曜日の憂鬱は1週間のリズムの自然な一部です。しかし、もっと複雑な問題を抱えているなら、その憂鬱は正真正銘の病かもしれません。

もしかしたら今の仕事が大嫌いでそろそろ転職すべきときだとわかっているのかもしれません。それなら、全く別の話になります。しかし、それだと、普通の人より日曜日が辛くなります。この場合は、その仕事を頑張って続けるか、新しい仕事を見つけるかという本当の問題に取り組む必要があるかもしれません。

米誌『Psychology Today』が指摘するところによれば、日曜日に気落ちする現象は子供の頃の不安に由来する人もいるそうです。もしかしたら学校でひどく苛められたので月曜日になると、人から攻撃される気がしたり安全でない気がするのかもしれません。あるいは、日曜日になると両親の親権問題を何となく思い出してしまうのかもしれません。どんな理由であれ、どうして日曜日になると気持ちがざわつくのか正確に理解すると、より深刻な問題があっても、自分のウツを何とかする助けになります。

どんな問題を認識するにしても、日曜日のことを考えるときは、終点ではなくて進行中のプロセスの一部として考えるのに役立つとPsychology Todayは言っています。金曜日にそれが始まり日曜日に終わるわけではないのです。連綿と続く日々であり、人生の一部なのです。実際、これは誰の役にも立つものです。仕事は週の何曜日でもできますが、伝統的に土曜日と日曜日を選んで休みにしているだけです。しかし土曜日も日曜日も他の曜日と何ら違わず、日曜日が最後になる本質的な理由は何もありません。こうした視点で曜日を考えると日曜日の汚名を返上することができるかもしれません。

週末が終わるときはちょっと落ち込むのは当たり前のことです。しかし、いくつかの習慣とスケジュールを工夫することで考え方が変り、日曜日を「週の曜日の1つでしかない」という本来の姿で見ることができるようになるかもしれません。

Kristin Wong(原文/訳:春野ユリ)

Images by Nick Criscuolo, Piers Cañadas, kellywritershouse, Sean Freese, Morgan, darcyadelaide.
swiper-button-prev
swiper-button-next