特集
カテゴリー
タグ
メディア

160億通以上のメールを調査した研究からわかったこと

160億通以上のメールを調査した研究からわかったこと

Popular Science:皆さんはおそらく、毎日大量のメールを受け取っていることでしょう。それぞれが、このデジタル情報の氾濫に対抗すべく、システマティックな対処法を編み出していると思います。Eメールの登場から20年ほど経つにもかかわらず、その利用法については研究者にもよく分かっていませんでした。例えば、1人が受け取るメールの数は平均でどのくらいなのでしょうか? 多すぎるメールに人はうんざりしているのでしょうか? スレッドの最大数はいくつでしょうか?これらの疑問に答えるため、Yahooラボの研究員は、数か月間にわたり2百万人の被験者が送信した160億通以上のメールを調査しました。群を抜く、史上最大規模のメール調査です。送受信者の身元や件名、送信日時、メッセージの長さ、添付ファイルの数を追跡したほか、対象者の年齢、メールの送信や確認に使用した機器についても調査が行われました。

その結果、返信の長さや1つのスレッド内で送られたメッセージの数は予測が容易であり、アルゴリズムによってかなり正確に予測できることがわかりました。若い人は短い返信を素早く行い、男性は女性よりも短いメールを送信していました。当然ながら、営業時間中に送られたメールにはより早く返信がなされ、文字数も増えていました。また携帯デバイスから送られたメールは短く、受信したメールの数が多いほど対応する割合は下がり、返信も短くなる傾向が見られました。

この研究結果は、普段からメールを使っている人々にとっては驚くに値しないものかもしれませんが、メールクライアントを実行しているコンピュータアルゴリズムにとっては目新しい情報となりました。今回の研究データはすべて、メールプラットフォームの将来的な改善や、未読メールの仕分けなどの特定機能に役に立つ可能性があります。未読メールが7000通に達しようとしており、まだまだ増えそうな勢いの私にしてみれば、間違いなく良いニュースです。

HERE'S WHAT SCIENTISTS LEARNED IN THE LARGEST SYSTEMATIC STUDY OF EMAIL HABITS|Popular Science

Alexandra Ossola(<訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next