特集
カテゴリー
タグ
メディア

ひと仕事終えるたびに「終わった!」と声に出すと生産性が上がる?

ひと仕事終えるたびに「終わった!」と声に出すと生産性が上がる?

世界に向けた高らかな宣言であれ、充足感から漏らす、ため息のような一言であれ、「終わった」ときちんと言葉にすることで、脳はポジティブな影響を受けます。抱えていたタスクが「終わった」と実感する瞬間を繰り返し経験することで、全体的な生産性を上げることさえ可能かもしれません。タスクを終えたときのホッとした気持ちはよくご存じかもしれませんが、「終わった」ということを自分にきっちりと言い聞かせることで、脳はさらに高揚します。SenseLabsという会社の共同創立者で心理学者のLeslie Sherlin氏による、Fast CompanyのLisa Evens氏への説明によると、「終わった」と声に出すことで、感情的な反応に加えて生理学的な反応も引き起こされるそうです。

タスクに集中しているときは、脳の電気活動が増大します。しかし、何かが「終わった」と口にした瞬間、活性化していた脳の電気活動は、もっとリラックスした状態に移行します。

Sherlin氏によると、このように脳がリラックスした状態は、瞑想などを実践している状態に似ているそうです。セロトニン(精神面に影響を与える神経伝達物質)が分泌されるので、満足して気分がよくなり、次のタスクに向けた自信も満ちてきます。

Sherlin氏は、この充足感をより多く味わうために、仕事を小さなタスクに分割して「終わった」と言う回数を増やすことを勧めています。ですから、仕事が少し進むたびに、「終わった」と声に出し、タスクを終えたことを祝いましょう。その積み重ねで、生産性が飛躍的に高まる可能性があります。

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Creative Commons HQ.
swiper-button-prev
swiper-button-next