特集
カテゴリー
タグ
メディア

イメージトレーニングで辛い訓練を乗り越える

イメージトレーニングで辛い訓練を乗り越える

スポーツや競技において、あらかじめ難しい局面をイメージしてリハーサルするのは、そういう事態に直面した時の準備として有効な方法です。今回は、効果的に成功をイメージするためのコツを紹介します。

研究者のMary Quinton氏は、成功をイメージする際に重要な要素の頭文字を取って「PETTLEP」と表現しています。

P(Physical):衣類や道具など身につけるものなどのイメージの物質的な要素。

E(Environment):それが起こりうる環境。可能な限り具体的にイメージする。 T(Task):実行しようとしているタスクの詳細。精神状態など、その時に注意するべきすべての点をふくめて、実際に自分が行っているのと同じ状態をイメージします。つまり、他の優秀なアスリートのではなく、自分自身の最高のプレイをイメージするのです。 T(Timing):適切なタイミング。タスクをリアルタイムでイメージすると効果的ですが、頭の中でスロー再生させ、タスクを部分ごとにイメージするのも有効です。 L(Learning):学習したことをイメージに反映する。あなたが上達するに連れて、イメージする自分の姿も上達した状態でいるべきです。
E(Emotions):望ましい感情をイメージする。上手くいかない局面での挫折感をイメージするのではなく、困難に対して自信を持って立ち向かうイメージを持ちましょう。
P(Perspective):客観的な視点。自分の視点で見るのは自然なことですが、第3者の視点を持つことで、チームメイトとの関係などにおいて、より客観的に状況を把握することができるようになります。

1度細部まで可視化すれば、いつでもイメージできるようになります。カウチでリラックスしている時でも、試合前にサイドラインに立っている時でもです。そして、実際に難しい局面に立った時には、すでに精神的なトレーニングを積んできたことに自信を持ち、イメージした通りのスキルを駆使して鮮やかに切り抜けましょう。

Beth Skwarecki(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next