特集
カテゴリー
タグ
メディア

頼れる先輩として女性新入社員と接するコツ

Glitty

頼れる先輩として女性新入社員と接するコツ

Glittyより転載:慌ただしい3月が終わると、新入社員が入ってくる時期がやってきます。新人のときは不安や緊張でいっぱいでも、優しい先輩がいると安心できましたよね。

でも、新人(特に女子)との接しかたって気をつかうし、難しいですよね。甘やかしすぎてもいけないけど、厳しく叱ると落ち込ませてしまうし、加減がわからない。

先輩として威厳を保ちつつ、「接しやすい先輩」になるために心がけておきたいポイントを紹介します。

「ありがとう」を上手に使う

新人女子と早く打ち解けたいときは、「ありがとう」の一言を上手に使ってみましょう。

たとえば、新人女子が書類を自分のデスクにまで持って来てくれたとき。仕事が忙しいと、「そこに置いといて」と無愛想に対応してしまいがちですが、これだと近寄りがたい先輩に見られてしまいます。

ただ書類を持ってきてくれただけだとしても、新人女子には「ありがとう」と笑顔で応えてあげましょう。それだけのことでも、彼女たちにとってはうれしいことなのです。

ミスの指摘は褒め言葉とセットで

新人女子がミスをしてしまったときにキツく叱りすぎるのはNG。彼女たちから、「怖い存在」として見られてしまいます。とは言え、ミスをそのまま放っておいては彼女たちのためにはなりません。

もしミスを指摘するのであれば、褒める部分も見つけて、それを一緒に伝えてあげましょう。「ここが間違っていたからやり直して」とミスはしっかりと指摘しつつ、「でも、こっちは完璧にできていたから助かったよ」と褒める一言も忘れずにつけてあげる。

アメとムチを同時に使うことで、新人女子から接しやすい先輩として見てもらえるのです。

厳しくし過ぎてもいけないけど、甘やかしすぎてもいけない。新人女子との関係って難しいときもありますが、うまく接することができれば、先輩としての威厳も保てつつ、接しやすい存在になることもできます。

新人女子が入社するこれからの時期は、先輩としてふさわしい言動ができるようにこころがけたいですね。

(LISA)

Stylish working image via Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next