特集
カテゴリー
タグ
メディア

文章力を伸ばしたければ、文豪たちのテクニックを参考にしましょう

文章力を伸ばしたければ、文豪たちのテクニックを参考にしましょう

MakeUseOf:あなたは文章を書くことが好きですか? 文章力を伸ばす秘訣をどのようにして学びたいと思いますか? もしも歴史に名だたる作家たちから、文章の技やコツを楽しみながら学べるとしたらどうでしょうか? それはちょっと、うますぎる話だと思いますか?

今回は、スティーブン・キングやフィリップ・ロス、ジョイス・キャロル・オーツといった作家たちによる、興味深い執筆のテクニックを図でご紹介します。文章に少しひねりを加えることが必要だと感じたら、こちらに紹介されているテクニックを試してみてはいかがでしょうか?150402famous_writers002.jpg

マデレイン・レングルは日記をつけることを勧めています。「自分以外誰も読むことのない環境で、率直な日記をつける必要があります」と彼女は言っています。

150402famous_writers003.jpg

1日に書く文章量のノルマを設定しましょう。スティーブン・キングのノルマは1日2000語、アーサー・コナン・ドイルは1日3000語でした。

150402famous_writers004.jpg

執筆の時の姿勢を変えてみるのも時として有効でしょう。アーネスト・ヘミングウェイは立ったまますべての小説を書き、トゥルーマン・カポーティは横たわって書きました。

150402famous_writers005.jpg

フィリップ・ロスは執筆のためのオフィスを別に持っていました。執筆専用の場所を作ることで集中して書くことができます。

150402famous_writers006.jpg

作家の中には、基本的に午前中に執筆をするというジョイス・キャロル・オーツのように、執筆する時間帯を決めている人たちがいます。

Want to Get Better at Writing? Try These Techniques Used by Famous Writers|MakeUseOf

Dave LeClair(原文/訳:コニャック

Via Best Essay Tips
swiper-button-prev
swiper-button-next