特集
カテゴリー
タグ
メディア

「大切なのは、どんな時でも仕事をし続けること」オバマ大統領が語る成功の秘訣

「大切なのは、どんな時でも仕事をし続けること」オバマ大統領が語る成功の秘訣

「気持ちがふさいでいる」「自分の能力に疑問を感じて苦しい」「成功の芽がどこにあるのか心配」...等々。米国のバラク・オバマ大統領は、こうした状況にある時でも、仕事の手を止めずに集中することを勧めています。

たとえどのような政治的立場の人であっても、米国の大統領になることが政治家としての成功であることを疑う人はいないでしょう。ただ、オバマ大統領は常に成功ばかりを収めていたわけではありませんでした。最近行われたインタビューの中で、「最も傷ついたと感じたのはいつでしたか?」という質問に対し、次のように回答をしていました。

私は1999年に連邦議会下院議員選挙に初めて立候補して落選しました。当時の私は、「選挙に出馬して惨めな負け方をするなど、自分にふさわしい結果であるはずがない」と考えていたので、ただ泣き崩れるばかりでした。そして、40歳だった私は、たくさんの時間と努力を、今にして思うと、うまくいくはずがないことに費やしてきました。

しかし、人生における不遇の時期とそれらを乗り越えてきた経験が私自身に思い起こさせてくれたことがあります。それは、大切なのは、仕事をし続けることです。

自分自身のことを心配している時は、往々にして「私は成功しているだろうか?」とか「私は能力に見合ったポジションにいるのだろうか?」、あるいは「私は感謝されているのだろうか?」といったことを考えがちです。そうすると、不平不満の感情ばかりがつのって身動きがとれなくなってしまうでしょう。でも、仕事の手を止めさえしなければ、いつかは道が開けます。人は常に何かしらするべきことがあるのです。

時に、成功はタイミングの問題に過ぎないことがあります。準備ができているかどうかにかかわらず、ふいにチャンスがやって来たりするものなのです。ですから、成功していないことへの不満を募らせているのではなく、自分が今できる最高の仕事を続けるべきです。

自分の力を信じてスキルを磨き続けることが、チャンスがやって来た時にそれをつかむ何よりもの準備です。立ち止まることはありません。少しずつ前に進みましょう。どうか忘れないでください、「真の成功は一夜にして成らず」なのです。

Patrick Allan(原文/訳:コニャック

Photo by Joe Crimmings.
swiper-button-prev
swiper-button-next