特集
カテゴリー
タグ
メディア

世界で「3億5千万人が抱える病気」に立ち向かうアプリ

世界で「3億5千万人が抱える病気」に立ち向かうアプリ

糖尿病と日々戦う患者は世界で3.5億人もいます。そんな糖尿病治療の難しさは、自己管理を毎日続けること。ドイツのヘルスケアテクノロジー企業Diabetizer社は、IBMの支援を受けて、ネット接続さえあればどこでも糖尿病治療を管理できるアプリを開発しました。

人間が苦手な自己管理を支援

自己管理の弱さは、多くの人が認めるところです。そんな人間が苦手な部分をアプリが支援する仕組みです。ウェブメディア「Mugendai(無限大)」の記事では次のように紹介されていました。

糖尿病治療の難しさは、日々の記録管理と習慣を続けることにあります。血糖値の記録や体調は自ら管理する必要があり、さらに薬を飲む時間を測り、決められた投薬量も覚えていなければならないなど、正確さと自分を律する厳しさが必要です。このように、治療には患者個人の努力が必要とされているため、治療の正確さと有効性が損なわれている可能性もあります。そこでDiabetizer社は、患者の負担を軽減し、治療の精度と有効性を上げるためアプリケーション「myDIABETIZER」を開発しました。(中略)

インターネットに繋がっていれば、世界中どこからでも、患者は自分の血糖値や栄養、健康データをサーバーに送ってポータルサイトに集約し、それを見ながら医師と患者が話をすることが可能になります。

このアプリの優秀なところは、医師の適切な判断を、テクノロジーの力で後押ししてくれるところ。患者の測定データを元に様々な項目のパラメータを設定し、医師が現状をすぐに把握できるようにしてくれるのです。このような仕組みがあれば、医師の仕事を効率化することにも繋がりそうですね。このテクノロジーの詳細は、下の元記事リンクより確認してみてください。

クラウドが支える糖尿病治療――Diabetizerがスマホから健康を見守る|Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next