特集
カテゴリー
タグ
メディア

気が進まない仕事を先送りにしないための3分間メソッド

気が進まない仕事を先送りにしないための3分間メソッド

99u:ToDoリストの項目のうち、2分未満で終わるものなら取りかかりやすいですが、30分、60分、90分以上と時間がかかる仕事の場合、手をつけるのをためらってしまいがちです。

どんなにやる気満々で集中している時でも、手がかかりそうな仕事を始めるとなると、どうしても後回しにしたいと思ってしまいます。また、担当しているプロジェクトがひるんでしまうぐらい大きいと、何かと言い訳をして開始を遅らせてしまうものです。

しかし、これからは仕事のことを考えて胃が痛くなったら、それをプラスの兆候ととらえましょう。『Time Warrior』の著者であるSteve Chandler氏は次のように述べています。「恐れを感じることで、するべきことがわかります。仕事や誰かを訪問することを恐れれば恐れるほど、自分がそれをしなければならないことを一層強く確信するのです」

Chandler氏は、何かに取りかかるのを渋っている時に勢いをつけるための、時間を基準にしたシンプルな方法を提案しています。それは、自分に3分間だけ時間を与えるというものです。

「自分には3分間で終わる仕事しかない」というふうにとらえて、後回しにしていた仕事に取りかかります。単純に1つの物事にだけ取りかかりましょう。何をするべきかはお分かりでしょう、皆さんが今考えていることです。

余計なことを、いろいろと考えてはいけません。「私はいつも」とか「私は決して」と考えをめぐらせても何の役に立ちません。そのように考えると不安を感じ、悲観的になってしまうだけです。

人生を創造的かつシンプルにしましょう。自問すべきは「今この3分間で何をする必要があるか?」ということだけで、そうすれば2度と物事を先送りにして困ることはありません。

仕事を前進させるために、まずは、「3分間あったら自分はどんなアクションがとれるか?」と考えましょう。するべきことを細分化させながら、目の前のことを1つひとつ実行していくのです。そうすれば、たとえ巨大なプロジェクトであっても最終的にはゴールにたどりつくことができるでしょう。

The 3-Minute Solution to Procrastination|99u

Hamza Khan(原文/訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next