特集
カテゴリー
タグ
メディア

ブルーレイディスクを不織布に保管すると、再生不能になる恐れがある

タブロイド

ブルーレイディスクを不織布に保管すると、再生不能になる恐れがある

タブロイドより転載:最近あんまり見かけなくなったと思ったら...。

ブルーレイディスクを不織布ケースに入れて保存すると、ディスクの寿命が大幅に縮まってしまうかもしれません日本経済新聞が報じていました。不織布というのは、↓こういう、なんか布っぽいやつです。

150318husyoku002.jpg

正確には、「繊維を織らずに絡み合わせたシート状のもの」(Wikipediaより引用)とのこと。文字通り、織ってない繊維ですね。

場所をとらずに収納できるため、不織布ケースに大量のブルーレイを入れている方もいるはず。しかし、その状態のまま保存していると、あっという間に再生ができなくなってしまうかもしれません。

再生できなくなる原因

不織布がブルーレイを再生できなくしてしまう原因は、模様がディスクにうつってしまうため。表面のカバー層がとても薄いブルーレイにおいて、模様がつくことは致命傷となってしまうようです。

カバー層やブルーレイの仕組みについては、以下のサイトがわかりやすいと思います。

一度表面についた不織布の模様は、ふいてもまず取れません。最悪、「再生不能」になってしまうわけです。

また、CDやDVDも、不織布ケースでの保存は避けたほうが良いとのこと。ブルーレイに比べればマシですが、やはり模様がつくことで寿命を縮める原因となります。

そういえば昔はよく不織布ケースを見かけましたが、最近はあまり見かけなくなったと思っていました。これが原因だったのですね。

プラスチックケースを使おう

対策としては、プラスチックのケースや、スピンドルケースを使うことが提案されていました。スピンドルケースとは、↓こういうやつです。

150318husyoku003.jpg

スピンドルケースであれば、あまりかさばりませんので、ブルーレイの保存用に検討してみてはいかがでしょうか。ただし、一番いいのは、プラスチックケースに1枚ずつ保存することだそうです。

その他、直射日光や高温多湿も、ディスクの寿命を縮めます。涼しいところで保管しておきましょう。

保存に便利だと思われていた不織布ケースに、こんな落とし穴があるとは思いませんでした。ブルーレイを不織布に入れている皆さん、保存方法を改めたほうが良さそうですよ。

「保管に不織布カバー」はNG 光ディスクの基礎知識 [日本経済新聞]

Photo by Thinkstock/Getty Images,Amazon
swiper-button-prev
swiper-button-next