特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのキーボードを使ってiPhoneやiPad上で文字入力する方法

Macのキーボードを使ってiPhoneやiPad上で文字入力する方法

iPhoneの小さな画面上のキーボードは、決して使い勝手が良いとは言えません。MacBookやAppleキーボードを使用して、タッチスクリーンと格闘することなくiPhoneやiPadに文字入力する方法をご紹介します。

iOS 8でAppleはついに、iPhoneとiPad用のサードパーティー製キーボードを採用しています。これらのキーボードアプリによって、タイピングは間違いなくラクになりました。それでも、依然としてMacBookのキー入力の快適さにはかないません。

私たちが求めているのは、PC上と、スマートフォンやタブレット端末上の両方で、シームレスにタイピングできることです。

Bluetoothキーボードを接続する

150317iphone2.jpg

これからご紹介するアプリは、本物のBluetoothキーボードのように機能するため、MacとiPhoneやiPadを接続する方法を知っている人にはわかりやすい仕組みになっています。操作はとてもシンプルです。

  1. カスタマイズが可能なMacのメニューバーのBluetoothアイコンをクリックし、「Bluetoothを入にする」にします。
  2. iPhoneまたはiPad上でも、「設定」>「Bluetooth」と進み、「オン」にしましょう。また、「コントロールセンター」の「Bluetooth」トグルでも同じ操作ができます(「コントロールセンター」は、画面を一番下から上に向かってスワイプアップすると現れます)。
  3. Mac上で、メニューバーの「Bluetooth」アイコンをクリックして「環境設定を開く」を選択し、「デバイス」の一覧から適切なデバイスの「ペアリング」ボタンをクリックします。
  4. iPhoneまたはiPad上に確認メッセージが現れるので、再び「ペアリング」をタップしましょう。

150317iphone4.jpg

操作はたったこれだけです。とても簡単ですよね?

1Keyboard

150317iphone7.jpg

『1Keyboard』は、MacのキーボードをiPhoneと共有するためのオススメのアプリです。このアプリをインストールすると、控えめなアイコンがメニューバーに現れます。アイコンはそのままにしておくのが良いでしょう。きっとお気に入りのメニューバー・ユーティリティのひとつになるはずです。

iPhoneまたはiPadをBluetooth経由でMacと接続すれば、『1Keyboard』が認識してくれます。複数のデバイスとの接続も可能で、メニューバーのアイコンから簡単に接続切り替えできます。

メニューバーのアイコンをクリックしてデバイスを選択し、タイピングを始めます。すると、タイプした文字が選択したデバイス上に現れるはずです。Macの画面上を、どこでも構わないのでクリックしてタイピングを始めると、今度はMacへの入力に切り替わります。『1Keyboard』は、使っていてとても楽しい気分になる、「黙々と働く」アプリのひとつです。

『1Keyboard』には、タッチスクリーンのデバイスにMacのクリップボードのデータをコピー・ペーストできる機能も付いています。例えば、インターネット上の文章を数行コピーし、「Shift」+「Command」+「V」を押せば、コピーした文章をiPhoneに貼り付けることができます。これはとても便利な機能ですが、iOSとMacの間でクリップボードのデータを共有したり同期したりするためのツールとしては、以前ご紹介したアプリほど強力ではありません。

『1Keyboard』を起動するためのショートカットはカスタマイズ可能ですが、デバイスごとにショートカットを設定して、必要に応じて接続するデバイスを切り替えることもできます。

Type2Phone

『Type2Phone』の機能は、多くの点で『1Keyboard』に似ています。アプリをダウンロードしてスマートフォンをBluetooth経由で接続し、アプリを起動してタイピングを始めましょう。このアプリには、使用していない時は自動的にデバイスとの接続を切り、アプリを使い始めたら、最後に接続していたデバイスに自動的に再接続する機能まで付いています。

さらに重要な点として、『Type2Phone』は、ファンクションキーからさまざまな操作が可能です。例えば、「カーソル位置の右側または左側にある単語を削除する」といった操作を簡単なキーコンビネーションに割り当てることもできます。Macキーボードでは、標準で「Option」+「Backspace」を利用できますが、このアプリを使えばiPhoneに対しても同じ操作ができます。素敵な機能ですね! もちろん、Mac OS Xのすべてのショートカットキーが使えるわけではありませんが、それにしても素晴らしい機能です。

このアプリには、音声による文字入力の機能も付いていますが、これに関しては、すでに『Siri』がiOS 8で大活躍しているので、それほどの便利さは感じられません。

『Type2Phone』の唯一の問題は、フローティング・ウィンドウや、ドックに表示される大きなアイコンなど、『1Keyboard』と比べて目立ち過ぎるように感じられる点です。

どのアプリを入手すべきか?

MacとiPhoneまたはiPadを持っていて、後者でよく文字入力をする人の場合、ご紹介したアプリを導入する価値はきっとあるでしょう。例えば、インスタントメッセンジャー・アプリケーションの『WhatsApp』で長文メッセージをやり取りしていると、文字入力に手間取りませんか。Androidユーザは『WhatsApp』をPCにインストールできますが、Macユーザーもこれからは、Macのキーボードを使って、iPhoneまたはiPadの『WhatsApp』に直接文字入力できるようになりますね。

ご紹介した2つのアプリのうち、筆者がオススメしたいのは『1Keyboard』です。それは単に、このアプリの性格が「控え目」だからです。『Type2Phone』の豊富なショートカットやファンクションキーの操作性は、パワーユーザー向けと言えるかもしれません。

Type on Your iPhone or iPad Using Your Mac Keyboard|MakeUseOf

Mihir Patkar(原文/訳:丸山佳伸/ガリレオ)

Photo by Denys Prykhodov / Shutterstock.com
swiper-button-prev
swiper-button-next