特集
カテゴリー
タグ
メディア

デザインの基本原則を応用して、人に見せたくなる部屋を作ろう

デザインの基本原則を応用して、人に見せたくなる部屋を作ろう

生まれながらにして、装飾やデザインのセンスがある人はいます。スキルを習得して、後天的にデザインセンスを磨く人もいます。そして、どちらにも該当しないのが私たち普通の人。そんなデザイン初心者向けの、基本テクニックをお伝えしましょう。

以下に紹介する装飾のルールと原則は、とってもシンプルなので、誰にでも利用できるはず。カタログみたいな家とまでは行かなくても、人に見せたくなることうけあいです。

奇数の法則

150317design_principles002.jpg

写真の構図を決めるときの三分割法はご存知でしょうか。奇数を基調とするデザインは、調和と視覚的な面白さを生み出すと、デザイナーのCecilia Walkerさんは言います。

奇数に並べられた、またはグループ分けされた物は、偶数の組み合わせよりも魅力的で記憶に留まりやすく、効果的です。

バラバラの高さ、形、質感でグループ分けするのもオススメ。その際、グループ内に多少の共通点が必要です。矛盾しているようですが、グループ内のアイテムを結びつける何かと、わずかな違いが共存することがポイントなのです。

上の写真を見てください。高さの異なる3つの花瓶があります。この3つ、籐の籠とガラスという素材は同じですが、砂、水、ライムと、中身が大きく異なります。

Walkerさんは、これは基本ルールに過ぎず、どんな例にでも適用できるわけではないと言います。ですから、このグループ分けがしっくりこなければ、自分の直感に従ってください。ここでの目標は、すべてが画一的でないようにすること、もっと言えば、退屈でないようにすることです。

部屋のフォーカルポイントを決める

150317design_principles003.jpg

部屋のフォーカルポイントとは、その部屋に入ったときに、自然に目に入るものです。それは最も強調したい特徴であり、周辺にあるすべての物が、それを際立たせていなければなりません。

部屋の装飾にどこから手を付けていいのか分からなければ、フォーカルポイントを見つけることから始めましょう。多くの部屋に、備え付けのフォーカルポイントがいくつかあります。たとえば、景色の見える大きな窓や、暖炉など。備え付けのフォーカルポイントがなければ、以下のヒントを参考に、作ってみてはいかがでしょうか。

  • 1つの壁を違う色に塗る。そこに、アートや棚を配置する。(インテリアデザイナーのCoral Nafieさんより)
  • 部屋の用途を決めてからフォーカルポイントを作る(「The Inspired Room」より)。たとえば、読書用の部屋であれば、本棚をフォーカルポイントにする。
  • シンプルに、大きな家具をフォーカルポイントにする(前述のNafieさん)
  • 大きなアートをフォーカルポイントにする。大きな鏡でもOK。

フォーカルポイントを決めたら、その周辺を飾り付けます。部屋全体の色合いを、フォーカルポイントの色に合わせましょう。上記の例では、フォーカルポイントは暖炉で、色は白です。赤い壁はアクセントで、部屋を取り囲むキャンドル、蘭、花瓶の白が、暖炉への称賛になっています。

フォーカルポイントを囲うのもいいでしょう。上の写真では、花瓶、窓、ソファなどがその役割を果たしています。暖炉には通常、炉棚が付いているので、周りを囲うのは簡単です。フォーカルポイントが窓の場合、家具で囲むことができます。フォーカルポイントが鏡やアートの場合、下の写真のように、小さな物で両側を囲ってみてはいかがでしょうか。

150317design_principles004.jpg

フォーカルポイントが決まったら、そこが部屋のバランスをとる手がかりになります。「Apartment Therapy」に、こう書かれていました。

フォーカルポイントは、部屋のレイアウトの中心になります。位置が中心にある必要はありませんが、そうなっている場合がほとんどです。リビングルームのフォーカルポイントは、コーヒーテーブルかセンターテーブルが置かれていて、周囲にイスが置かれている場所です。

これを、部屋のアンカーだと考えてください。

基本的な測量のルールを知る

150317design_principles005.jpg

カーテンや家具を設置する際、目分量でやってしまうことが多いでしょう。でも、部屋をよく見せるためには、装飾のための特別な測量法があります。以下に示す測量法を覚えておいてください。

  • コーヒーテーブルの距離:コーヒーテーブルとソファの距離は、38cm(デコレーターのMaria Killamさんより)から46cm(Apartment Therapyより)程度が適当です。
  • アートを掛ける:アートを壁に掛けるときは、目の高さに中心が来るようにします。一般的には、142cm~152cm程度(「Driven By Décor」より)。複数のアートを掛けるときは、全体の中心がこの高さになるように。ソファの上にアートを掛けるなら、幅がソファの3分の2を越えないように。また、アートと家具の距離は、13cmから23cmが適当です(Driven By Décor)。
  • カーテンを掛ける:窓の両側に、それぞれ2cmから8cm程度のオーバーラップをとるのが一般的です(Crate and Barrelより)。カーテンレールの高さは、窓上10cm程度。でも、窓を大きく見せたいことがあるでしょう。高さ方向に大きく見せるには、10cm基準を越えても構わないそうです(「Real Simple」より)。ただし、20cmを越えると落ち着かない感じになってしまいます。幅方向に大きく見せるには、2~8cm基準を越えても構いません。片側30cm程度までならいけるでしょう。
  • テレビの距離:ソファからテレビの適正距離は、テレビのサイズによって異なります。これについては、過去記事(英語)を参照してください。簡単なルールとしては、テレビの対角線距離を2倍にすればOK。その値が、テレビとソファの間に取るべき距離になります。

じゅうたんの基本ルールは下の3つ。

全部乗せる:じゅうたんが大きければ、すべての家具の足を乗せてしまいましょう。ただし、全4方向に、30cmから46cm程度の床面を残しておきましょう(「Houzz」より)。

150317design_principles006.jpg

全部乗せない:スペースが狭い場合、じゅうたんも小さい物を選ぶかもしれません。そんな時は、家具のすべての足を乗せないようにしましょう。「それでも、小さすぎるじゅうたんは買わないでください。弱々しい感じに見えてしまいます」(Houzz)

150317design_principles007.jpg

フロント乗せ:多くのデザイナーが、フロントの足だけを乗せることを選んでいます。そうすれば、すべてが結びついた状態で、かつオープンな感じを生み出すことができるのです。

150317design_principles008.jpg

ここでも、言っておかなければならないことがあります。それは、ルールはあくまでもルールに過ぎないということ。何にでも当てはまるわけではないので、ひとつの指針と考えるのがよさそうです。

ネガティブスペースを検討する

150317design_principles009.jpg

物は少ない方がいいこともあります。デザインでいうネガティブスペースとは、何もない領域のこと。いちばん多いのが、壁の白い部分です。そこを何かで埋めてしまいたい気持ちもわかりますが、時にネガティブスペースが何かを語ることもあります。Apartment Therapyでは、次のように説明していました。

文章には、それを書かなくても意味が通る、冗長な言葉があると思います。部屋のデザインでも、それを探す練習をしましょう。そのままでも十分ステキな狭い壁に、小さなアートをかけていませんか? ない方がすっきりするような物を、テーブルに置いていませんか?

ネガティブスペースを使った装飾は少し複雑になりますが、簡単な方法をいくつか紹介しましょう。

  • 意図的に使う:ネガティブスペースにも役割があることを認識してください。近くの装飾エリアを強調するために、あえて空間を残すという方法もあります。ネガティブスペースそのものが、興味深いデザインを生むこともあります。
  • 混乱を避ける:これは最も一般的かつベストな方法です。テーブルに置くのに適した物はたくさんあるかもしれませんが、それをすべて置く必要はありません。ある程度は、ネガティブスペースを残しておきましょう。
  • 形に目を向ける:2つの対照的な形が、面白いネガティブスペースを作ることがあります(「SF Gate」のHome Guidesより)。「四角い部屋に直角のソファやイスを置くと、ネガティブスペースのとげとげしいラインが生まれます。でも、そこに曲線を描くコーヒーテーブルを置くことで、そのラインを和らげることができるのです。ただし、この空間設計は、テーブルの縁がソファに近くなりすぎると座りにくくなってしまうため、狭い部屋には向きません。

念のため。ここでは、物を取り除ける場所を見つけることを提案しているわけではありません。何もなくても素晴らしいスポットを見つけることを提案しているのです。ぜひ、物と物との間の空間を、うまく使うことを考えてみてください。

光をレイヤー状に

150317design_principles010.jpg

まずは、照明の3つのタイプを知りましょう。

  • アンビエント照明:全般照明とも呼ばれます。頭上から照らす光で、部屋全体を均一に明るくすることを目的としています。
  • タスク照明:名の示す通り、特定のタスクのために用意された照明です。たとえば、リビングで使う読書灯はそれに該当します。キッチンのキャビネット下の照明は、カウンターを照らすタスク照明です。
  • アクセント照明:特定の物を強調するための証明です。たとえば、絵画を照らす照明などです。

異なる種類の照明を組み合わせることで、部屋に奥行きが生まれます。アンビエント照明から始め、次にタスク照明やアクセント照明を検討しましょう。Real Simpleに、具体的なヒントが載っています。

これらの基本以外にも、あなた独自の方法があると思います。これらのガイドラインをうまく使って、自分の好みに合った装飾を考えてみてください。繰り返しますが、ルールはあくまでもスタート地点。それを破って、直感に従うことを恐れないでください。

Kristin Wong(原文/訳:堀込泰三)

Photos by Wicker Paradise, Davi Alexandre, Kristin Wong, PoshSurfside.com, lilapants, Cherie Priest, Emily May, Mueble de España, and Rodney
swiper-button-prev
swiper-button-next