特集
カテゴリー
タグ
メディア

ホワイトデーの駆け込み寺、CINECAのスイーツ。

ホワイトデーの駆け込み寺、CINECAのスイーツ。

おはようございます。神宮前のギャラリーショップ「EDIT LIFE」のプロデューサーの松尾仁です。今日はホワイトデーですね。男性のみなさんは、毎年、ホワイトデーのお返しには悩まされるのではないでしょうか。本命チョコに対しては気持ちを込めて返すとして、悩ましいのが会社の同僚や友人からの友情チョコへのお返しです。

当日ぎりぎりになって大手百貨店のスイーツコーナーに駆け込んで、ブランドチョコを買うのもいいのですが、もらった女性が、見て、食べて、嬉しくなるアイテムを贈ると、友情を大事にしていることが伝わって、その後の人間関係がより円滑に進むはずです。

花やハーブを閉じ込めた標本のようなキャンディ。

150314whiteday0002.jpg

今年、僕がホワイトデーのお返しに素敵だな、と思っているのが、映画をイメージソースに、きれいで楽しいスイーツを作っているCINECAのお菓子です。

美しい花びらが入った砂糖菓子「herbarium 甘い標本」は、今年、パッケージがリニューアルしたばかりのプレゼントにも最適なスイーツ。花やハーブを閉じ込めた標本のようなキャンディは、お湯を注いだカップに入れると飴が溶けてお花が浮き、ちょっと甘いハーブティとして愉しめるアイテム。それぞれ花言葉が添えられているので、それも楽しみのひとつです。いつも会社で紅茶を愉しんでいる女性に贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

ちなみにこちらのキャンディは、映画『シルビアのいる街で』の「ぼくの瞳に写る 幻影は花のように」という言葉からインスピレーションを受けて作られているそうです。

カラダにもやさしい、パレットのようなクッキー。

150314whiteday0003.jpg

お菓子が好きな女性には、パレットのようなクッキー「palette きょうをいろどるジンジャークッキー」がおすすめです。アイシングを絵の具に、ジンジャークッキーをパレットに見立てた、食べられるパレット。クッキーには生の生姜がたっぷり使われていて、ちょっぴり大人の味です。生姜は風邪対策にもいいので、いつも頑張っている同僚に、さりげなく健康にも気遣って、見た目も楽しいスイーツを贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

パレットは、映画『セラフィーヌの庭』の「ぼくは、歩いていく。まっしろなキャンバスにヒタヒタと色がついていく。ぼくは、歩いていくー。振り返ると、ぼくの色が広がっていた」というシーンからイメージしたそうです。

150314whiteday0004.jpg

EDIT LIFE TOKYOは、3月14日、15日はイベントを開催しているのですが、ホワイトデーの駆け込み寺としてCINECAのスイーツを購入できるようにスタンバイしていますので、よろしければいらしてください。イベント準備をしていたら、スタッフに「CINECAのスイーツはありますか?」とお声がけください。14日のホワイトデー本番のために、また、週明けに会社の同僚に渡すためにご活用ください。購入可能時間は、3月14日は12時から17時(イベントに参加いただければ20時)まで、3月15日は12時から20時までです。

ホワイトデーの買い物ついでに、楽しいイベントにも参加を。

150314whiteday0005.jpg

それと、EDIT LIFE TOKYOでこの週末に開催しているイベントも紹介しておきますね。3月14日の18時からは、雑誌編集者のTEPPEIさんによるレストランイベント「EDIT RESTAURANT TEPPEI-TEI」。『食をeditする』を裏テーマに掲げて、『お出汁とスパイスとお米』の組み合わせを楽しむ料理を提供します。続いて、3月15日の13時からはデザイナー、イラストレーター、モデルとして活躍する香菜子さんと、ブランドディレクター福田春美さんによる喫茶店イベント「Lota Miru 〜SOMETIMES CAFÉ〜」を開催します。こちらはおふたりの手作りスイーツとともにドリンクが楽しめます。ホワイトデーの買い物ついでに、こちらもよろしければご参加ください。

EDIT LIFE

〒150 0001 東京都渋谷区神宮前2-27-6

Tel: 03-5413-3841

(文/松尾仁)

swiper-button-prev
swiper-button-next