特集
カテゴリー
タグ
メディア

人から軽く見られないようにするための行動10カ条

人から軽く見られないようにするための行動10カ条

Inc.:こちらが一生懸命に話をしているときに、あいてが真面目に取り合ってもらえないことほど頭にくることはありません。仕事の場合だと、売上に響いたり、従業員が言うことを聞かなくなることにもつながりかねません。

将来のビジネスパートナーや顧客になるかもしれない相手が、こちらの話を真に受けてくれなかったら、仕事のチャンスも限られてしまいます。それから、社内の人に話を真面目に聞いてもらえないと、出世の機会も限られます。それに、どんな状況であれ、自分の話に取り合ってもらえないことは、腹が立ったり、傷ついたりするものです。

言うまでもありませんが、あなたが人から真面目に取り合ってもらえないとしたら、それなりの理由があります。ほとんどの場合は、あなた自身に問題があるため、知らないうちに、人から軽んじられるような言動をしてしまっているのです。

では、一体どうすればいいのでしょうか? 次に挙げる、「人に軽く見られないようにするための行動10カ条」を参考にしてみてください。

1.噂話やゴシップ話の輪に入らない

あなたのことを軽んじている人の中には、確実に噂話やゴシップ好きな人がいます。仲間意識を得られるかもしれませんが、何ひとつ自分のためにはなりません(あなたが管理職であろうが、一般社員であろうが同じことです)。

2.SNSでは、シェアする内容や投稿する場所をよく考える

ソーシャルメディアで不適切に流出した話や写真を見たことがあると思います。自分の話を真面目に聞いて欲しいのであれば、ベロベロに酔っ払った写真をFacebookに載せるのはやめた方がいいです。誰が自分のフィードを見てるかはわかってると思っているかもしれませんが、ソーシャルメディアの場合は必ずしもそうではありません。シェアするもの、どこにシェアするのか、しっかりと考えてください。

3.まともな人と仲良くする

人は見た目で判断されるだけでなく、どんな人と一緒にいるかでも判断されます。話を真面目に聞いてほしいのであれば、自分の周りにどんな人がいるか考えてみましょう。いつも仲良くしている人は、あなたの話を真面目に取り合ってくれる人ですか? 口先ばかりの人と仲良くしたいと思う人はいませんよね?

4.常に適切な格好をする

ここでは"適切な"というのが大事です。善かれ悪しかれ、人は見た目で判断されます。TPOに合わせた格好をして、時間をかけて身ぎれいにしておけば、あなたが自尊心を持った人であることを表現できます。人に真面目に話を聞いてもらうために大事なのは、自尊心の高さをきちんと見せることです。

5.評判を良くするために、常に5分前行動を心がける

会議に必ず遅れてくる人がいると、毎回その人が来るまで、みんなでじっと座って待っていなければなりません。そういう人は、小さな嵐のように慌ただしくやってきて、バタバタと挨拶をして、これまで何度も聞いたような台詞で謝ります。これでは誰も話を真面目に聞いてくれません。どんな時も早めに着くようにすれば、「あの人はいつも早く来る」と思われるようになります。

6.約束はきちんと守る

うまいことを言う人はたくさんいますが、そういう人に限って行動が伴っていないものです。大風呂敷を広げて、それを実行すると約束しますが、結局何1つ実現することができません。「あいつはアテにならない」と思われてしまったら、誰も真面目に話を聞いてくれなくなります。ですから、約束をしたらきちんと守るか、守れない約束は最初からしないようにしましょう。

7.出会ったすべての人を尊重する

これは声を大にして主張したいと思います。相手がどんな風に接してこようと関係なく、出会ったすべての人を尊重しましょう。倫理的に正しい行為だからということだけではなく、そのような振る舞いが、あなたという人間のブランドイメージを作っていくのです。顧客対しては、にこやかに接するくせに、自分の部下をゴミみたいに扱う人がいます。どんな人にも敬意を持って等しく扱っていれば、あなたが信用に足る人間であることに相手は気がつくものです。

8.人と馴れ合いすぎない

何年も前に、私はスキューバダイビングを教えていたことがあります。その時に、私にスキューバダイビングを教えてくれたインストラクターが、ためになるアドバイスをくれました。「生徒というのは、親しくなればなるほど、あなたの言うことを聞かなくなります。それが命取りになるから、生徒とは常に少し距離をおき、親しくなり過ぎたり、あまり長い時間を一緒に過ごさないようにしなさい」と。私はこれまでどんなことを教える時も、このアドバイスに従いました。これは間違いなく事実だと思います。

9.真摯に人生を送る

人に真面目に取り合ってもらいたいのであれば、それに足る人物になりましょう。あえて強い自己顕示をする必要はありませんが、周囲の人たちに、あなたが真摯に人生を送っているということを見せるようにします。行動は言葉よりも雄弁です。スキルを磨いたり、何かにチャレンジしたり、チームに参加したり、家を改装したり、冒険をしたり、とにかく何か行動をしましょう。

10.情熱的でありながら、控えめに

何かしらに対する情熱を見せましょう。それと同時に、有言不実行で相手をうんざりさせないようにも気をつけましょう。人から真面目に取り合ってもらえる人は控えめで謙虚です。人に意見を聞かれたら、初めて自分の意見を語り、情熱を見せましょう。

Would You Like People to Take You More Seriously?|Inc.

Andrew Griffiths(訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next